主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
眼科医
子どもが学校で眼科の検診を受けたらしく、
医者にかかるようにと診断書が来た。

症状は「アレルギー性結膜炎」で
プールの授業を前に治療が必要なようだ。

元々、遠視と乱視傾向で、医者の指導で
眼鏡をかけていたので、
眼科は通い慣れている。

ところが、多分どこの学校でも同じなのだろう、
眼科は子ども達でいっぱいだった。

眼科というのは大変だ。
大抵の場合、視力検査を行う。
自覚症状と同じで、自己申告しないと、
ちゃんとした測定ができない。

大人だと難でもないが、
子どもだと、本当に見えているかどうか、
疑わしい態度をとる子どもが多々いる。

見えないなら「見えない」で答えればいいのだが、
まるでゲーム感覚で、正解を当てるつもりで、
見ようとするから返事が遅いのだ。

そのうちに、視力検査の看護師さんの態度が
変化しているのに気付いた。

大人の検査だと普通なのだが、
子どもだと分かると途端に態度が変わっていた。
がっくりして、投げ槍な感じなのだ。

看護士さんの努力(?)のお陰で、
スムーズに進んで、点眼薬だけで終わった。

何にしても、医者に行く度に思うのは、
「病気はかからないに越したことはない」
ということだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。