主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
準2級
いつものように、
火曜特売で買った600g余りのミンチで、
いつものように、
ハンバーグを作った。

前回から凝っているように、
パン粉の替わりに麩を使って、
ジューシーなハンバーグを作った。

あぁ、ワンパターン。
そう、マンネリとも言う。

でも、これが家庭の味。

ソースはいつものような、
ケチャップにウスターソースではなく、
大根下ろし和風ソース

作り方は簡単だ。
大根下ろしに、焼肉のタレと、
すき焼きのタレを混ぜただけだ。

ちょっと甘かったけど、美味しかった。

付け合せには、キャベツの千切りと、
トマトのクシ切り、キュウリのスライス。

次男のヤツは「ロコモコ」風にして食べていた。

ご飯の上にキャベツの千切りを載せて、
その上に細かく千切ったハンバーグを載せて、
本当なら半熟の目玉焼きを載せるのだが、
そこまでは用意できなかった。

そこに和風ソースを掛けて、
全体をザックリと混ぜて食べるのだ。

なかなか美味しかった。

さて、サブジェクトの『準2級』だが、
次男と夕飯を喰っていたら、長男が帰ってきた。

ちょっと嬉しそうな長男だったので、
どうしたのかを訊いてみると、
合格したのだという。

そう、英検の準2級に。
もちろん「1次の筆記試験に」だが。

何でも、ギリギリで合格だったという。
「まさか合格とは思わなかったよ」
と長男本人もビックリしている。

当落ライン上の点数だったらしくて、
「ギリギリだったからなぁ」
とちょっと悔しそうだった。

「落ちた子もいるんだろ?」と訊くと、
「あぁ、いるけど…」と長男。

「ギリギリでも、何でも合格合格だよ!」
「素直に喜べばいいんだよ!」

すると長男はにやけて、
「そりゃあ、そうだけどさ」
と答えた。

英語が苦手で四苦八苦しているだけに、
ちょっとした朗報であった。

この調子で、2次試験も頑張れよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。