主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
始動!親子でアンサンブル
芸術の秋である。
発表会の季節である。
うちの長男も次男もピアノの発表会が控えている。

今現在のところ、長男も次男も
ピアノの練習に余念が無い。

ピアノを奪うようにして練習している…、
…と言いたいところだが、さにあらず。

帰ってくる時間帯が違うので、
巧く練習時間をシェアしているようだ。

もっとも、勉強の時間ももっとシェアして、
テストの点を上げて欲しいものなのだが。


さて、ピアノの発表会の話を出したので、
久しぶりに音楽の話題を書こう。

昨年からの懸案である『親子アンサンブル』を、
いよいよ実行に移す時が来たようである。

長男のトランペットはバリバリである。
ノープロブレムである。

次男のチューバも吹奏楽部で2年目となり、
そこそこに鳴るようになった。

一番の問題は僕のトロンボーンだ。

フルートからスイッチしてそろそろ1年になるが、
ろくに練習をしていないので、上達が極めて遅い。
それに若くないので、身体がなかなか憶えない。

それでも「長ずれば何とやら」で、
1オクターブと1/3くらいは鳴るようになった。

昨年の段階で用意した楽譜の音域は、
ほぼクリアーしている。

ピアノの先生に「今年は出演されますか?」と訊かれて、
「えぇ、背中を押されないと出来ませんから」と、
僕は覚悟を決めたのだった。

僕は覚悟を決めたが、長男と次男は慣れたもので、
「へいへい、了解、了解」ってな調子である。

出来るヤツは違うなぁ、我が息子ながら……。

曲目は、チャイコフスキーの『子どものアルバム』から、
「朝の祈り」「ポルカ」「ワルツ」の3曲である。

元々はトランペット、ホルン、トロンボーンテューバ
金管4重奏なのだが、ホルンがいない場合のために、
トロンボーン2本で吹けるようにオプションがあったので、
ホルンの旋律をトロンボーンにコンバートして、
金管3重奏の楽譜を作り直したのだ。

ただ、これには少々問題があって、
ホルンとトロンボーンで和音を奏でるのだが、
トロンボーン1本では和音にならないのだ。

和音が無いことで問題になるのは、
「朝の祈り」という曲である。

「朝の祈り」は、4本の金管が奏でる和音が聴かせ所だ。
それが3本だと音がスカスカで寂しいのだ。

そこで「朝の祈り」はカットして、残りの2曲の、
「ポルカ」と「ワルツ」のみを演奏しようかと考えている。

まだ練習もしてないし、楽譜の読みも不十分な段階だが、
吹奏楽団で鍛えた「初見能力」を発揮して、
あと1ヵ月半くらいの時間でモノにしよう…と思っている。

楽しくもあり、不安でもあり、複雑な心境である。
これから先、この気持ちがもっと複雑に入り混じるのだろう。

楽しく頑張ろうっと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。