主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
告知
今週の水曜日に病院に行ってきた。

え?
誰が行ったかって?

それは、我が家のお嬢「ビチ」さんである。
病院はもちろん、動物病院である。

先月末から2日に1回、動物病院に連れて行き、
獣医さんの化学療法をためしていたのだが、
病状としては、悪くなる一方で、
良くて「小康状態」で、ほとんど好転していない。

それで、獣医さんに「告知」されたのだ。
「やっぱり、腫瘍が出来ているかもしれません」と。

ビチさんの右後ろ足は完全に麻痺していて、
歩くのにも時間が掛かり、
途中で座り込んでしまうことが度々あるのだ。

「これは『神経が切れて』います」
「右後ろ足を司る神経部分に腫瘍がある可能性が高いです」
「でも、それを特定することは出来ません」
「人間ならCTとかMRIで診断しますが」

何となく、予想はしていましたけどね。

「申し訳ないですが、」と先に断ってから、
獣医さんは「告知」したのであった。

「完全に『さじを投げた』という感じです」
「後は余命の問題で、何処まで元気でいるかです」

「13年生きたのなら『往生』ですよね?」と、
僕が獣医さんに訊くと、
「まぁ、そうですね。人間で言うと60歳過ぎですからね」と、
獣医さんは答えてくれた。

獣医さんはこう付け加えた。

「最期まで可愛がってやってください」
「それが『飼い主としての責任』ですから」

たくさん看取ってきた獣医さんの言葉である。
やはり含蓄があって、重いですな。

「時々、診せに来てください」
「たぶん、ガクンと悪くなる時が来ますから」

はい、分かりました。

家に帰ってから、長男と次男、そして女房に説明した。
みんな、納得してビチさんの行く末を思ったのであった。

それから、食欲の無いビチさん用にハードフードでなく、
柔らかい餌を買ってきた。

意外なことに、それをバグバグと喰ったビチさん。
それを見て、ちょっと安堵したのであった。

それじゃあ、ビチさんのお姿を。(最近、こればかりだな)

100925_bichi.jpg

ビチ、少しでも長生きしてくれよ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。