主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3合の炊き込みご飯セット
若い人たちに混じってSF小説を書いて、
投稿ばっかりしていて、
ブログの記事を疎かにしているpapaです。

m(_"_)m

やっと気温が下がってきた今日この頃。
朝晩が涼しくなって過ごし易くなりました。

こちらでは運動会が真っ盛り。
幸いにして天気も良くて、
去年、一昨年のような順延がなくて、
いい天気が続いております。

秋の気配を感じながら、
スーパーでは早くも炊き込みご飯の素が、
ちらほらと見受けられるようになった。

いつも目先が変わった料理を求めて、
嗅ぎ回っているpapaとしては、
目敏く買い込んだのであった。

さすがに旬のモノは高い。
「マツタケご飯の素」348円とか、
「栗ご飯の素」398円とか。
価格を書くところがミソ。

今回、選択したのは「五目ご飯の素」である。
3合炊きで298円。
…あ、248円だったかな?

この3合炊きセットを6合のお米で炊くと、
丁度、具合が良いのである。

炊き込みご飯ってヤツは、
その味の「濃さ」が問題である。

味の好みはヒトぞれぞれだ。
それにその時の料理の具合によっても、
変わってくる。

炊き込みご飯を単独で食べる場合もあるが、
うちでは、おかずを食べながらの、
主食としての「炊き込みご飯」である。

そんな訳だから、うちの炊き込みご飯は、
味が多少薄目でも全然大丈夫なので、
3合セットの炊き込みご飯の素で十分なのだ。

ちょっと味が足らないなぁと思った時は、
醤油、酒、みりんを適量加えればそれでいい。
あくまで、感覚なので。

多少、ほんのりとご飯に色が付けば、
それでいいのだ。

具材も主食として邪魔にならない、
少なめの量で十分なのだ。

これも足らないと感じたのなら、
人参やサツマイモ、筍の水煮を、
みじん切りにして加えればいいのだ。

特にうちの場合だと、
ご飯は圧力鍋で炊くので、
そんな融通は全然利くのだ。

今日は、みりんの量が多かったようで、
ちょっとばかり「おこげ」がたくさん、
出来てしまった。

でも、それがまた美味しいんだな。
女房なんかは「そのおこげ、いただき!」と
最初に茶碗に盛っちゃうくらい。

今日のオカズは、スーパーの惣菜祭で、
肉団子、春雨の中華サラダ、うの花(おからの煮物)、
春巻、野菜のてんぷら、豚バラの角煮と
バラエティに富んでいたが、
やっぱり、決め手は「炊き込みご飯」だった。

今日は残念ながら写真を撮るのを
スッカリと忘れてしまったので申し訳ない。

そんな様子をお見せ出来ないのが残念なので、
次回の炊き込みご飯の時には、
プロセスからお見せできればと思っている。

今日も美味しゅういただきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。