主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
苦味、整いました。
「整いました」と言っても、
Wコロン・ねづっちの“なぞかけ”ではない。
我が家のメンバーが揃ったのである。

長期、と言っても3泊4日だが、
吹奏楽部の合宿で家を空けていた長男が、
今日めでたく(?)ご帰還を果たしたのだ。

今日は女房も早く家に帰ってきて、
久しぶりの家族4人での夕食だった。

今日は女房が料理を作った。
ヒレカツとゴーヤポタージュである。

ヒレカツはいつもの通りで美味かったが、
ゴーヤポタージュはちょっと…。

長男の「うゎっ、ニガッ!」に始まり、
眉間にシワを寄せた次男の、
「ご遠慮しときます」で幕を閉じた。

実は「お試しかっ!」という番組で、
ゴーヤポタージュ」なるものを、
タカ&トシ”のタカが「苦くな~い!」と
食べていたのだ。

苦くないのなら作ってみようと、
女房と一緒に画策したのだ。

番組内でレシピの紹介をしていたが、
半分忘れてしまったのでネットで調べてみると、
番組の公式携帯サイトでレシピを配信しているという。

早速アクセスしてみたが、
携帯サイトのレシピ配信は有料だった。

だが、そこはネットの世界。
ブログやファンサイトにレシピらしきモノがあり、
CockPadにもそれらしいレシピがあった。

総合的に判断したレシピで作ってみたのだ。

ゴーヤをカツオ出汁で煮て、
柔らかくなったら、ゴーヤと茹でた煮汁と、
牛乳とバターと味噌をミキサーで粉砕撹拌する。

ゴーヤをサイの目に切って揚げたクルトンを
ポタージュに浮かべて完成だ。

だが、全然苦かった。

カツオ粉を振ってみたら、少しは苦味が取れ、
粉チーズを振ると、更に苦味は薄くなったが、
味わうというには程遠い「苦さ」が残っていた。

失敗した原因を考えてみると、
ゴーヤを下茹でしなかったのが、
最大の原因だと思われるのだった。

「茹でたカツオ出汁が苦かったもん」
女房はそう告白したのだった。

茹でることによってゴーヤからは苦味が抜けたのだが、
抜けた苦味が入った出汁をミキサーに入れていては、
そりゃぁ「元の木阿弥」ってことだよね。

こうした反省を込めて、次回作り直してみよう。

…「次回」がいつになるかは分からないけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。