主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
男子ごはん
男子ごはん』という番組をご存知だろうか?

テレビ東京系列の放送で、
たぶん土曜日か日曜日のお昼前に放映している、
料理家のケンタロウ国分太一がトークしながら料理を作る、
という番組である。

この番組、結構面白いのだ。

太一のトークは当然として、
ケンタロウの掛け合いもバッチ・グ~なのだ。

試しに、ネットでこの番組をググってみたら、ビックリだったよ。

今現在の放映回数は106回だが、
wikiのページには全ての料理名が列記してあるし、
ファン・ブログでは全てのレシピが公開されていたりして、
その人気の高さがうかがえる。

料理はもちろん、ケンタロウ流のレシピだから悪くない。
料理研究家の小林カツ代の息子だけはあるぞ、うん。

そうそう、小林カツ代と言えば、
僕の料理の味付けは、小林カツ代の一言が効いているのだ。

小林カツ代のレシピは、調味料に「ウスターソース」が
入っていることが多いらしいのだ。

それについて、その昔にNHKの「今日の料理」に出演した時に、
小林カツ代は、こんな風に言っていたのだ。

「味付けに迷った時は、必ずソースを入れるのよ」
ソースって、いろんな野菜とか食材を煮詰めたエキスでしょ」
「だから、いろんな旨味を持ってるから必ず美味しくなるのよ」

僕は、これを聞いて「なるほど」と思ったのだ。
それからは、隠し味程度に少量入れるようにしているのだ。

おっと、横道に反れてしまいましたな。

…で、『男子ごはん』の第101回の放映を観たのだが、
それが『ニラネギ塩焼きそば&豚と野菜の中華あん』であった。

そう、そうなのだ!
昨日の夕飯は、焼きそばだったのだ。

“あん掛け焼きそば”は、カリカリ揚げ麺に中華あん。
ソース焼きそば”は、いわゆる普通の焼きそば

この2つしか、僕のレシピのバリエーションは無かったが、
この『ニラネギ塩焼きそば&豚と野菜の中華あん』は、
それらとはちょっと違う。

麺自体だけでも食べられて、更にバリエーションとして、
中華あんを掛けて食べることが出来るのだ。

これは画期的だよ、うん。

それでは、写真を見ていただこう。

100527_yakisoba.jpg

手前の白い皿2枚と奥の耐熱ガラス皿に載っているのが、
『塩焼きそば』である。

そして、中央のお玉が突き刺してある、深めの耐熱ガラス容器が、
『中華あん』である。

ケンタロウのレシピとは若干違うのだが、
食材や調味料の有り無しもあるので、仕方がない。

塩焼きそばにはニラが入ってないし、
ハムじゃなくて豚肉である。

中華あんは、小松菜も入ってるが、主体はキャベツだし、
オイスターソースが足りなくて、醤油で味付けしたし。

そこはそれ、papa流のアレンジってことでお許しあれ。

子ども達には、
「今日の焼きそばは『男子ごはん』だよ」
というと、
「わ~い、男子ごはん男子ごはん
と小学生のように騒いでいた。
何が嬉しいのか、解らなかったが。

女房は、辛口の批評をくれた。
「ちゃんとニラを入れて作ってよね~」
「ニラで味の雰囲気が違うもの」

あぁ、ちょっとつまづいちゃったなぁ、僕。

…ま、概ね、美味しかったようなので、
「結果オーライ」ってことで、手打ちをしました。

新しい焼きそばのバリエーションを得て、
今日も美味しゅういただきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。