主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和風カレーのレシピ解説
昨日の夕食は「カレー
でも、いつものカレーとはちょいと違う。

その名も『和風カレー』だ。

え?
写真は無いのかって?

今日は残念ながら、写真無しですぅ~。
だって、見た目は普通のカレーと一緒ですもん。

味が違うんですよ、味が。
それじゃあ、普通のカレーとどこがどう違うのか?

以前も『和風カレーライス』というタイトルで記事を書いたようだが、
今回はそのレシピを、理論的にじっくりと解説してみよう。

違うところは、3つの点である。

1つ目の違いは、具材を炒めないのだ。

普通のカレーは、肉類を炒めてから、
人参、玉ネギ、ジャガイモを炒める。

そうすると、具材の旨味成分が煮ている間に、
ジンワリと出てくる。
それに、炒めた方が野菜類は煮崩れしないし、
炒め油自身による旨味の増進もある。

だが、和風カレーはあくまでアッサリと、
油を使わないで、いきなり煮込むのである。

2つ目の違いは、1つ目の違いと関連してくるが、
ダシ汁で具材を煮ているところだ。

「炒めない」ということは、焦げることによる
旨味成分の組成(メイラード反応)が期待できないのだ。

だから、ダシ汁で煮ることによって、
旨味成分を補うのだ。

それに、あくまで和風にこだわりたいので、
ダシで具材を煮る、という意味もあるのだ。

そして、3つ目の違いは肉を使わないことである。

では、何を使うのか?

肉でなければ、残るたんぱく質の材料は、
「魚」しかありえない。
そう、シーチキンの缶詰である。

これは、カレールウを溶かして糊化した後に、
缶の油や煮汁ごと全てを投入するのだ。
これで油と魚の旨味も加わる訳だ。

その他の手順や具材、カレーのルウは、
いつものカレーと同じモノを同じように調理すれば、
それで完成である。

出来上がりは、ホントに普通のカレーと変わらない。
だが、味はいつものカレーとは微妙に違う。
同じルウを使っても、味は微妙に違うのだ。

つい美味しくて食べ過ぎちゃいましたよぉ~。

このカレーを茹でたうどんに掛けると上手いですよ。
いつものカレーよりうどんにマッチするんですわ。
ホントの「カレーうどん」ですな。

和風カレー、是非お試しを。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。