主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
変則!野菜炒め
久しぶりというか、本来に戻るというか、
「今日の夕飯」の話を書こう。

主婦の方々もそうだと思うが、
毎日の献立には、頭痛が痛いモノだ。

火曜特売に行っても、同じような食材しか買わない。
…というか、ルーティンワークで、
同じものしか買わない身体になってしまっている。

変化を付けようと変わった食材を買うと、
結局使わなくて、腐らせてしまったりする。

上手に買うと、夕飯が終わった月曜日の冷蔵庫は、
とても見通しが良かったりするのだが。

だが時々、月曜日に食材が枯渇する時がある。
勢い良く豪勢に食材を使ってしまうと、そうなる。

今日は、そんな感じだった。

まず、キャベツ白菜、ホウレン草、などの、
葉モノ野菜が無かった。
肉もバラ肉スライスとショウガ焼き用しかなかった。

他には、新玉ネギがあった。
新玉ネギは、足が速いので早く使うに限る。

新玉ネギはスライスにしてレタスと混ぜて、
サラダにした。

一番手っ取り早いレシピは「野菜炒め」である。
食材は、人参、モヤシ、ピーマン2個、シメジに茄子が少々。
これだけでは、野菜炒めでもボリュームダウンである。

フッと見ると、小さいサイズの新ジャガイモが、
コロコロと数個あった。

ピーンと閃いたね。
ジャガイモ野菜炒めをしようと。

人参の輪切りのように、ジャガイモも輪切りにして、
最初に人参とジャガイモを炒めた。
生からなので、火の通りが悪いからだ。

十分に火を通して、少々焦げ目が付いたら、
バラ肉スライスを入れて炒める。
それからシメジと茄子を入れて余分な油を吸わせる。

その後、モヤシと新玉ネギのスライスの残りと、
ピーマンの輪切りを入れて、軽く炒め合わせる。
最後に「焼肉のタレ」で味をつけて完成。

大根の残りを拍子木切りにして、味噌汁を作った。

さて、お味はどうかというと、
いつも、炒めが足りなくて、
「シャク」という歯ざわりのジャガイモだが、
今日は、ホックリと炒めることが出来た。

多めの油で炒めたので、旨味が十分に出ていたし、
いつもと違う野菜炒めの食感が、食欲をそそった。

適当に作った時ほど、美味しく出来るんだよなぁ。
いつも思うのだが、もう二度と作れないだろうなぁ。

適当に思いつきで作ったレシピは絶対に美味しくて、
それを再現すると、必ず失敗してしまう。
「美味しい」と思ったイメージが強過ぎるのだろう。

ま、とりあえず、
「今日も美味しゅういただきました」
ということで。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。