主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雛祭り・2010
今日は3月3日、春の節句である。
雛祭り」ですな。

…とは言っても、うちは息子2人の男三昧。
おおよそ「雛祭り」とは縁のない家庭ではある。

だから、今日は「女房の日」でもあり、
「ばあちゃん(女房の母親)」の日でもあるのだ。

ばあちゃんは、娘(女房のこと)の為にと、
ちゃんと「散らし寿司」を作ってくれるのだ。

ご覧の通りである。

100303_sushi01.jpg

左奥は、レタスとハムとスパゲッティのサラダ。
夕食の準備途中で写真を撮りました。

「有り合わせで作ったから、イマイチかもよ」と、
ばあちゃんは謙遜していたけど、全然そんなことはない。

やっぱり「年の功」だね。
手が込んでて綺麗だよ、うん。
もちろん、味もピカイチだし。

これに合わせて、それらしい料理を作りました。

それがこちらの写真。

100303_sushi02.jpg

左手奥が、鶏ちゃんとキャベツの炒め物。

「鶏ちゃん」とは、こちらの名物で、
鶏肉に味噌味のタレを絡ませたモノで、
玉ネギとかキャベツと一緒に炒めると美味しいのよ。

中央奥が、子持ちシシャモ焼き。
右手奥が、先程のレタスとハムとスパゲッティのサラダ。
手前左のお椀は、冷凍ミニロールキャベツの澄まし煮。

…全然、散らし寿司と合わせてなかったね。(^_^;)

お寿司がボリューム満点で、
それだけで腹いっぱいになってしまいました。


仕事の帰りにミスタードーナッツに寄ってから、
散らし寿司を受け取りに行ったのだが、
その時の会話が良かったので、ご披露しよう。

ばあちゃんにドーナッツを渡すと、
「そんな、気を使わなくてもいいのよ」
と言ってくれたが、
「今日は『雛祭り』だから」
と強引に渡した。
「この歳で、雛祭りって言われてもねぇ」
なんて照れていたので、
「いくつになっても女性は女性ですよ」
と僕が言うと、
「そりゃ、そうだわね」
と相槌してくれた。

え?
僕のお袋ですか?

大丈夫。
僕の実家の方は、ホワイトディで勝負しますから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。