主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本番まで、あと半月
久しぶりに楽団練習のことを書こう。

趣味の音楽に関することは、
主夫の、-Villa-」で書いているが、
元々の本家は「主夫の、」のこちらである。

その証拠に「音楽」のカテゴリを見てもらうと、
楽団練習”なる記事があるのが証拠である。

主夫の、-Villa-」の方では、
楽団練習」はNo.62まで進んでいる。

今日の楽団練習でのトロンボーンのことは、
主夫の、-Villa-」の方で書いているので、
そちらの「楽団の練習・62(チューナ・マニア)」を
お読みいただきたい。

さて、今日の練習では先週サボった長男が、
楽団の練習に参加した。

だが、最初は合奏練習には参加せず、
ひたすら個人練習をしていたのだ。

長男は、ひたすら「アンブシュア」に悩んでおり、
「全然音が出ない」と嘆き散らしている状態なのだ。

楽団のマネージャーもこう呟いていた。
「音楽は気楽にやらなきゃ。音なんて出なくていいのよ」
「音楽は楽しくだよ。楽しくないと音楽じゃないんだよねぇ」

そのうち、先輩楽団員の方(ピッコロさんのこと)が、
長男を説得して合奏の場所に連れてきた。

長男は仕方なく席に付いたが、それでも釈然としない様子。

「俺も音出ないけど、やってんだからさ」と僕が言うと、
「お父さんは『初心者』だからね。レベルが違うんだよ!」と、
吐き捨てるような長男のセリフが。

それを聞いたユーフォさんが一言。
「お父さん、大変ですねぇ」

それに対して僕はこう答えるしかなかったね。
「えぇ、今、反抗期なんで…」

その横で、次男はニヤニヤと含み笑いをしている。
そんな様子を楽しんでいるのだ。

知らない間に上手にテューバを吹いて、
僕にアドバイスをしてくれる次男だった。
サンキュー、ソーマッチなのであった。

僕がフルートからトロンボーンにスイッチしたことで、
親子3人の関係が微妙に変化していることに、
今更ながらに気付いたpapaであった。

…むむ。
これで、3人でアンサンブルが出来るのだろうか?

…あ、僕がもっと精進しないとダメだけどね。
もっと練習しなきゃ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。