主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
豆板醤抜き?
なぜだか解らないが、女房が買出しすると、
必ず豆腐を買ってくる。

何かの料理を作る訳でもなく、
なぜか買ってくるのである。

「何かに使えるでしょ」と女房は言うが、
女房自身が料理で使うことは稀である。

2丁買ってくる時と1丁だけ買ってくる時と様々なのだが、
2丁買った時は、必ず「豆腐の味噌汁」になる。

だが、使うのは1丁だけ。
いつも豆腐が1丁、残っているのである。

冬場は「湯豆腐」にして「ネギ鰹醤油」を作って、
食べたり出来るのだが、夏場の豆腐は足が速い。
いつもミンチを買い足して麻婆豆腐にするのだった。

今日も、そんなパターンで麻婆豆腐にしたのだった。
だが、重要なミスを犯してしまったのだ。

そう。

サブジェクトの通り、豆板醤を買い忘れたのだった。
今日は「火曜特売」だったのにも関わらず!

あぁ、失敗したなぁ。

作り始めてから気が付いたので、
今更買いに行くのも面倒臭いし、時間がない。
何と言っても、今日はピアノのレッスン日だから。

でも、そんなに悩まなかったね。
唐辛子があれば十分じゃない?」と思ったから。

唐辛子といえば「一味」である。
そして「ラー油」である。

果たして代わりになるかどうかは解らないが、
『辛味』の成分的には同じだろうと判断したのだ。

麻婆豆腐の作り方は、いつもの通りである。
ただいつもと違うのは、ミンチを炒めた後に、
豆板醤を入れるところで、一味を振ってラー油を入れたのだ。

一味ラー油の量が適切だったので、
いつもと同じ麻婆豆腐の味になった。

ある意味で「ミラクル」である。
女房なんかは、判らなかったと証言した。

でも「辛さに違いがあった」と僕は思っている。
一味ラー油豆板醤では「辛さの奥行」が、
微妙に違っていたように思う。

一味ラー油は「ストレート」である。
喉に来る辛さなのだ。

それに対して、豆板醤は口の中に広がる辛さなのだ。
まろやかだが全体で辛いのである。

やっぱり、代替品は代替品でしょうかね?

ま、でも、いつもの味に近くて、
美味しかったことには違いないので「良し」とするか。

今日は代替品でも美味しゅういただきました。


今度、ちゃんと豆板醤を買ってこよっと。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/02/24 (水) 22:24:48 | | #[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。
返信、遅れてすみません。

>鍵コメ さん
ありがとうございますぅ。

また、お越しくださいませ。
2010/02/26 (金) 01:00:42 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。