主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
コンバート
しばらくの間、音楽の話を書いていないが、
実は大変なことが起きていたのだ。

えぇ、そりゃ、もう、大事件!

親子3人で吹奏楽団に入っていることは、周知の事実である。
その中で、ちょっとした「大事件」が起こったのだ。

楽器のパート変更があったのだ。

主夫の、-Villa-」のブログをお読みの方は、
その経緯を既にご承知かもしれないが、
改めて、その概略をドキュメンタリーにお伝えしよう。

長男のトランペットは変更無し。
次男のテューバは相変わらず。
それじゃあ、誰なのか?

…は~ぃ、僕なんですぅ~。

今までは、フルートを吹いていたのであるが、
今日からは、トロンボーンに「コンバート」である。

え?
すぐにトロンボーンって吹けるのかって?

いえいえ。
そんな訳にはいきません。

次男がテューバにスイッチする前は、
トロンボーンを吹いていた。

なので、楽団から借りていたトロンボーンがあったから、
時々暇があると、僕がトロンボーン練習していたのだ。

半年、いや1年位かな?
地道な練習をコツコツと続けて…とは、いなかったけどね。

軽い気持ちで、楽団の指揮者さんに話したら、
「それじゃあ、そろそろデビューしては…?」などと、
勧められてしまったのだ。

そんな訳で、フルートからトロンボーンコンバートして、
最初の練習日が、今日だったのだ。

ある程度の練習をしたとはいえ、トロンボーンでの、
初めての合奏は、緊張で「嫌な汗」が流れ出たのだった。
それは、まるで楽団練習に初めて参加した時のようだった。

フルートにはフルートの流儀がある。
だから、トロンボーンにはトロンボーンの流儀がある。
同じ楽団練習だけど、違うのだ。

でも今日は、その流儀がおおよそだが掴めた。
さすがにフルートの時とはちょっと違うよ、うん。
だけど、やっぱり四苦八苦したのは確かである。

楽団の練習は、いつもの通りの初見演奏。
演奏会に向けて、最後の選曲である。

今まで、フルートは「ト音記号」の楽譜だったが、
トロンボーンは「ヘ音記号」の楽譜である。

ある程度、ヘ音記号の楽譜を読めるようにはしたのだが、
その音程が、すぐにトロンボーンのスライドポジションに
頭の中で置き変わらないので、楽曲の進行から遅れていく。
すると、音楽はどんどんと進んでしまう。

そんなだから、今は何処を演奏しているかが分からなくなる。

分からなくなって迷子になって、ジッと楽譜を見つめていた僕に、
今日は左横で演奏していた次男がコッソリと教えてくれた。
「今は『H』のところを演奏してるよ」って。

それに、1st-トロンボーンは長男の同級生なので、
親切にいろいろと教えてくれたし、分からないことを訊くと、
すぐに答えてくれて、ぃやあ、もう感謝の一言である。

若い奴らに手取り足取り、教えてもらった合奏練習であった。
実に、ありがたくて、嬉しかったですねぇ。
次男は、スッカリ先輩気取りだったことを記しておこう。

指揮者さんにも「音、聞こえてましたよ」って言ってもらえて、
良いのか悪いのかはともかく、ちょっと嬉しかった。

楽団のマネージャーからも以下のアドバイスをいただいた。
「間違えてもいいから『ガツン!』と吹いてくださいよ~」

上手く吹けないことを気にしていたけれど、
楽団の皆さんから激励され、応援されて、気持ちを入れ替えた。
そして、もっと練習しようと思ったのであった。

練習の内容はともかくとして「実に楽しい練習であった」と、
言い切れるほどに充実感で心が満たされたのだった。

さぁ、演奏会に向けてガンバロー!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。