主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
白か、茶か、それとも黄か?
今日の冷蔵庫には、2種類のミンチがあった。
早々に主役の登場である。
(何が主役だ?)

1つは、いつもの特売で買った合挽きミンチ。
もう1つは、鶏胸肉のミンチ。

さて、どうしようか?

具材は決まっている。
脇役は、人参、ジャガイモ、玉ネギの3種類。
(誰が脇役じゃ!)

読者の皆さんならもうお分かりだろう。
(誰が「読者」なんだ?)

シチューか、カレーか、というところである。

探偵クン、ここまでの推理は良いかな?
(誰が「探偵クン」なんだ?)

ここで、3人の容疑者を紹介しよう。
(誰が「容疑者」やねん!)

1人目は、色白で乳臭い少女のような「ホワイト」さん。
(クリームシチューのルウのことね)

2人目は、熟成されたコクと味わいの「ブラウン」さん。
(ビーフシチューのルウのことですな)

3人目は、エキゾチックな刺激を持つ「イエロー」さん。
(カレーのルウのことッスね)

さて、この3人の中で僕を魅了したのは、誰?

主役のお肉には、それぞれ制限がある。
合挽きミンチは、ホワイトさんとは相性が良くない。
鶏ミンチとブラウンさんは反りが合わない。
イエローさんは、どちらでも合わせることが出来る。

まだ、結論は出せないかな?

良かろう。
ここで、伏線の2人に登場してもらおう。

1つは「赤ワイン」で、もう1つは「サワークリーム」だ。

「ははぁん、もう解っちゃった」

おやおや、もう解ってしまいましたか。
だが、今しばらくはお静かに。

伏線の赤ワイン君は、ホワイトさんには嫌われている。
ホワイトさんが好きなのは「白ワイン」君だ。

…となると、ホワイトさんはこの時点で脱落だ。

残る伏線、サワークリーム男爵は貴婦人がお好きだ。
だが、異国情緒のスパイシーギャルは苦手である。

そう、そうだ。
その通りだ!

読者の諸君、君の推理は正しかったかな?
(だから、誰が読者やねん!!)

謎解きはこうだ。

主役は「合挽きミンチ」だ。

彼は「肉団子」に姿を替えてフライパンで焼かれ、
鍋の中で煮込まれていった。

それに、脇役の3人がそれに追従していった。
その後、鍋には並々と赤ワインが注がれたのだった。

そして、決め手は「ブラウン」だった。
ビーフシチューのルウが惜しげもなく投入されたのであった。

最後に、食卓にてシチューの上にサワークリームを落とし、
味わい深い「肉団子のブラウンシチュー」となった。

今日は、オールキャストのシチューだったので、
事の外、美味しゅうございました。

こうして『「3つの色」事件』は、無事に解決したのであった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。