主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミンチの考察・その2
お待たせの「ミンチの考察・その2」である。

え?
誰も待ってないって?

…そりゃ、失礼しました。m(_"_)m

o(T-T)o

さ、気を取り直して始めましょう。(^~^;)/~

前回は「ミンチとは」で終わってしまった。
今読み返してみると、全然進んでないなぁ~。

ネットで検索していろいろと調べていたら、
「ふむふむ、な~るほど」と思うことが多くて、
それを書いたら、記事1回分になっちゃったんだな。


前回、意味が分かったところで、
今回は、その種類について考察する。

まずは、肉の種類によってミンチの種類がある。

鶏肉、豚肉、牛肉、そして合挽き肉。
肉の種類で分けると、一般的にはこの4種類かな。
他にも羊や山羊なども考えられるけれども、
一般的なスーパーには並んでいないだろうから、パス。

肉の部位によっても、ミンチの種類はある。

鶏肉には、胸肉、モモ肉、ささみの3種類があるが、
豚肉と牛肉には、部位の違いでは並んでいないなぁ。

本来なら部位ごとのミンチがあってもいいと思うのだが、
ラベルに部位の表示はほとんど無い。

合挽きミンチについては、豚肉と牛肉の割合が、
50:50や70:30と明記されていることがある。

用途や料理、味や食感で使い分けるべきなのだろうが、
そこまでは分析できていない。
って言うか、出来ない。(^ー^;

我々庶民が使うミンチは「目玉商品」の安売りだから、
そこまでこだわらなくてもいい、という判断である。

こーゆー本格的な料理のことは専門家にお任せして、
庶民の食卓をベースで考えようと思うのであった。

一般的なスーパーで普通に購入できるのは、鶏肉ミンチ、
豚ミンチ、合挽きミンチ、くらいではないかい?
一応、このラインで考察することにする。


次に、実際の料理へと踏み入れてみよう。

使い方には大きく3つの方法が考えられる。

ミンチとは「細かく刻んだ肉」である。
それをそのまま、細かい肉として使うのが第1の方法、
細かくした肉をもう一度塊にして使うのが第2の方法、
そして、それ以外の使い方を第3の方法と定義したいと思う。

大半のレシピは第1と第2の方法に集約されると思うが、
もしかして、これらに分類されないものがあるといけないので、
第3の方法を、便宜上加えたのである。

第1の方法のレシピを挙げてみよう。

ドライカレー、そぼろ、麻婆豆腐、肉味噌、ジャージャー麺、
ミートソース、挽肉丼、炊き込みご飯、など。

第2の方法のレシピを挙げてみたいのだが、
この方法には2つの調理方法がある。

第2-1として、ミンチそのもので塊を形作るものと、
第2-2として、ミンチを包み込んで形作るものである。

第2-1の方法のレシピは以下の通り。

ハンバーグ、ミートボール、メンチカツ、ナゲット、つくね、
松風焼き、ミートローフ、など。

第2-2の方法のレシピは以下の通り。

ソーセージ、餃子、焼売、春巻、中華肉まん、ワンタン、
ロールキャベツ、ピロシキ、など。

第3の方法のレシピは、今すぐには思い付かない。
追々考察していくにつれて現れるであろう。
…たぶん。

「その2」は、とりあえず分類してみた。
それぞれの詳細を語るのは、次回以降ということで。
次回の「その3」をお楽しみに。


…あ~、やっぱりシリーズ化しちゃったなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おお!
2が出てるー(笑
私は待ってましたよ( ̄ー ̄)

こうして考えてみると、ミンチ料理っていっぱいあるんですねぇ。
あ、まだ挽肉丼つくってないや・・・。
ナゲット、つくね、ミートローフなんかは、作ってみたいのだけどなかなか手がでないお料理です。(なんでかなあ)

ちなみに、うちの近所のスーパーの合いびき肉には、馬肉もフツーに入ってます。
牛と豚はいいけど、馬が入ってると、なんとなく買えない私です(笑
ま、おいしいんだろうけど。

3はどう展開するのかしら。
楽しみです。
2009/11/16 (月) 14:06:32 | URL | まさっぷ #w4Ib0zSU[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。
返信、遅れてすみません。

>まさっぷ さん
待っててくれたヒトが居て、嬉しいですぅ~。\(^o^)/

そうか、馬肉かぁ~。
そーゆーのもありますね。

馬肉の燻製は旨いです。
酒が進み過ぎます、はい。

その他にも、猪とか鴨とかもありそうですねぇ。
各地各場所で、郷土料理の絡みでいろんな肉を使うですな。
でもやっぱり、一般的なのは、鶏、豚、牛の3つでしょうね。

料理の品名はたくさんありますけど、味付けの違いだけで、
調理プロセス的にはそんなに違いがない場合があります。

その辺を、これから暴いてやろうと思いますっ!(o^-')b
(ちょっと大袈裟でしょうかね?)

また、お越しくださいませ。
2009/11/17 (火) 17:17:52 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。