主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「名月」とイチジク
タイトルから察するところは“風流”のようである。

ある意味でそうだが、ある意味ではそうでもないかも。
詰まるところ、食べ物の話でございますが。

先月(もう先月にあるんだぁと感傷に耽る)のことだが、
かえるの日記』のかえるのりんりんさん から、
「珈琲豆のお礼に」といただいた緑茶とイチジクのコンポート。

写真はこちら。(使い回しですみません)

091025_sizuoka-gt.jpg

いつもでもそのままではいけないと、
昨日、ありがたくいただきました。

イチジクのコンポートは、
生クリームを掛けていただきました。
生クリームといってもホイップしてないヤツね。

これがむっちゃ美味かったぁ~。

生クリームのコクとクリーミーさと、
イチジクの果肉の、ほんのり酸味と甘味、
そしてイチジク本体の味が混ざり合った感触は、
その昔に食べた、何かのデザートの味を
思い出させてくれました。

それが何だったか、一向に思い出せなかったですが。
外国で食べたか、外国製のお菓子だったかなぁ、
それとももっと身近だけど、そんな頻度では
食べないモノだったか、そんな感じでしか思い出せない。

女房が、コンポートのシロップと生クリームを混ぜて、
「あー、自然にトロミが付いてくるぅ~」と、
喜んで食べていました。

多分、乳化したんだろうと思うのですが、
長男はいたく気に入って、コンポートの入っていた入れ物に、
生クリームを流し混んでペロペロしてました。

それから、お茶も飲みました。
例の、半年間、蔵で熟成させたというお茶「名月」

何だろ、フルーティーというか、緑で青い味の、
いわゆる緑茶っていう味ではありませんでした。

最初に口に入れた時に感じたのは「旨味」でした。
そのあと、お茶の味はしたのですが、
苦味とかはないし、渋みもないし、青臭さも無いし、
「あ~、これが“熟成”なんだなぁ」と、
しみじみ感じました。

お茶の葉も、キレイに「揉んである」って感じ。
いかにも手作業って感じがするのだけど。
それに、ディープグリーンが美しい。

言葉ではなかなか伝わりにくいので、
やっぱり写真に撮りました。
それが、こちら。

091102_greentea.jpg

このあと、摘んでこのまま口の中に。

パリパリと美味しかったですよ。
苦味も渋みも無いし、旨味を感じました。

残った茶葉は、急須の中でお湯と戯れました。

ぷはぁ~。
美味いッス。

りんりんさん、美味しいお茶をありがとうございました。


PS:
先週末はハロウィンだったけれど、
面白い画像を見つけたので、
遅まきながら、掲載しちゃいます。

ただし、美しいとは言えない画像なのでくれぐれもご注意を。
お食事前後のヒトは見ない方が得策ですぅ~。

それでも、ご覧になりたい方は、
↓の『[「名月」とイチジク]の続きを読む』を、click、click!
--
飲み過ぎのハロウィン・パンプキン。

091102_overdrink.jpg

ありゃりゃりゃ…。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
リアルゲ○・・・
隣で見ていた上の子がウケてます。
酒盛りの後なんですね?このネタ、いただき!メモメモ・・・。
スーパーの店頭には、ヤバすぎますかね・・・?

お茶のレポ、ありがとうございます。
ここのお茶はよくお土産に買うのですが
名月はまだ飲んだことが無いのです~。
イチジクを生クリームで・・・も美味しそう!
いつも水切りしただけのヨーグルトと
食べてます。今度試してみますね!
2009/11/02 (月) 16:05:11 | URL | かえるのりんりん #-[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。

>かえるのりんりん さん
ウケましたか!
それだけでも「本懐」でございます。

これって、最初からそう作っているところが、
余計に笑わせてくれる気がするんですよねぇ。

これを「スーパーの店頭に」ですか!?
このネタのままだとヒンシュクを買うかも。
突出物を工夫すれば何とかなるのでは…。
難しいかなぁ。

非常に美味いお茶です。
いいお値段だったのではないかと、
恐縮しているのですが…。

そーか、ヨーグルトか。
ヨーロピアンなイメージだったので、
生クリームでデコレーションしました。
生クリームだとホントに「おフランス」でしたよ。
是非、お試しください。

また、お越しくださいませ。
2009/11/03 (火) 11:58:35 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。