主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
煮込みハンバーグ風ハヤシライス
この時期は、夜に出掛ける野暮用が多い。
地区の寄り合いとか会議とか。

そんな訳で、掛け物メニューが増える。
カレーとか、シチューとかね。

でも、昼間は仕事が無くて暇な時がある。
そんな時は同じ掛け物でも豪華になる。

今日はサブジェクトの通り、
煮込みハンバーグハヤシライス
である。

要するに「煮込みハンバーグ」と、
ハヤシライス」が合体したモノだ。

まずはハンバーグを作る。
今日は手のひらハンバーグではなく、
肉団子風のハンバーグ

パン粉に牛乳、微塵切りの玉ネギ、
合挽きミンチ、塩、コショウ、そして卵1個。
よーく混ぜ合わせて練っておく。

いつものハンバーグ1人分の量を8等分にして、
小さなハンバーグで焼く。

ハンバーグを焼いたフライパンを洗わないで、
クシ切りの玉ネギ、乱切りの人参、
8等分に切ったジャガイモを炒める。

最近はちょっとやり方を替えた。

ジャガイモが煮崩れないように、
最初にジャガイモを炒めるのだ。

ジャガイモの表面は焼けて焦げると、
焦げの膜やデンプンの膜が出来て、
煮崩れない感じがする。

それに、ジャガイモの表面に油が付いて、
それも煮崩れ防止に貢献する。

その後に、人参と玉ネギを炒めるのだが、
先に人参を炒めてから玉ネギを炒める。

玉ネギを最後にするのは、
炒め過ぎて煮込むと、胡散霧消してしまい、
せっかく玉ネギを入れても意味がないのだ。

そこで最後に投入し、全体に油が回った程度で、
煮込みに入るようにしているのだ。

ハンバーグを鍋に敷き、炒めた野菜を入れて、
ヒタヒタの水を入れて沸騰させる。

ホントはここで、赤ワインを入れると美味いのだが、
無かったので、カット、カット。

沸騰する前に、十分にアクを取る。
同時に炒めた時の余分な油が浮いてくるので、
それもすくい取っておくのだ。

沸騰してから弱火にして5分煮込んだら、
必ず火を止めて、蒸らしておく。

こうすることで、一旦スープに出た旨味が、
もう一度、野菜や肉に染み込む。

そして、ルウを溶かす温度である70度程度まで、
温度を下げる効果もあるのだ。

温度を下げてルウを溶かすと、
もう一度火を入れた時に十分にトロミが付く。

温度が高いままルウを溶かすと、
ダマになる可能性があるのだ。

ルウの指定分量よりも水の量が多くても、
こうすることである程度トロミが付くのだ。

こーして出来上がったのが、何度も言うが、
煮込みハンバーグ風ハヤシライス」である。

結局は具沢山になって、ハヤシライスというより、
ハンバーグシチューのようになってしまいましたが。

惜しむらくは、サワークリームがあれば、
もっと美味しくなっただろう。

今日も美味しくいただきました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。