主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
調子が悪くて
ここのところ身体の様子が変だったのだが、
今日、遂に完全に調子が悪くなった。

風邪をひいたのではなくて、ちょっとした下痢なのだ。

暴飲暴食をした訳ではないが、胃腸が弱っていて、
普通に食べている量が受け付けられずに、
消化不良を起こしている感じだ。

「そんな状態だったら、食べなければいいのに」と、
思われるかもしれないが、食欲は十分にあるのだ。
だから始末に終えない。

それに加えて、冷房でおなかが冷えたのも一因だ。

今日の仕事は事務所勤務だったが、
雨が1日中降っていて、でも湿度で蒸し暑くて、
そんなところへ薄着のおなかに冷気が当たった。
今日は何度もトイレに走りました。

今日はピアノのレッスンだったが、
先生の都合が悪くて他の日に変更。
それだけでも良かったなぁと思った。

こちらから「休みます」と電話しようかと思ったのだ。
レッスンを受ける次男でなく、送り迎えする僕の調子が悪いって。

あとは女房が帰ってくるまでジーッとしていた。

長男は合宿で家に居ないので、
1人で不安な次男は心配になって、
僕の様子を女房に連絡してくれた。

女房は帰ってくるなり、こう言い放った。

「早く寝ないからダメなんでしょ!」
「クーラーや扇風機ばっかりに使ってるからでしょ!」
「食い過ぎなのよ、まったくぅ!」

あーぁ、思いっきり叱られました。
でも、まぁ、いや、ホント、その通りですな。
僕は、せめてもの希望を女房に告げた。

「今日はあったかいモノが食べたいな」

女房はドーンとを作ってくれました。
甘めの味噌チゲを。

汗も掻いたけど、鼻水も凄く垂れた。
身体が温まって良かった。

「暑い時に熱いモノを食べるのもいいわね」

女房は至極元気だった。
次男も調子良かった。
そんな次男がポツリとつぶやいた。

「お父さん、夏バテじゃない?」

そうだよ、たぶん。
きっとそうに違いない。
どうやら「夏バテ」らしいpapaであった。

…。

「そんなの、気のせいよっ!」と、
女房に一笑に付されてしまいましたとさ。(日本昔話風)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。