主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
獣の数字
特に何だという訳では無い。
たまたま、昨日の記事がそうだったのだ。
そう、昨日の記事でFC2ブログ通算「666」だったのだ。

666

なんてことは無い数字ではある。
只の「ぞろ目の数字」と言えばそうである。
今まで「111」から「555」までも存在したが、
この“666”だけは特別な思い入れがあるのだ。

wikiで調べたら『獣の数字』だという。

「ここに知恵が必要である。
 思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。
 その数字とは、人間をさすものである。
 そして、その数字は“666”である。」

『新約聖書』の『ヨハネの黙示録』には、
以上のように記述されているらしい。

この『獣の数字』のことにも関連はしているが、
このことよりも僕の思い入れがあるのは以下のことだ。

それは『オーメン』という映画の中で語られている、
666”という数字なのだ。

その「オーメン」は、6月6日午前6時に誕生した、
獣の数字』である“666”のアザを頭に持つ、
悪魔の子・ダミアンを巡る映画なのである。

はっきり言ってホラー映画である。
僕はダメなのである、ホラー映画は。
画面をまともに直視できないくらいである。

だが、この映画だけは見てしまったのだ。
そして、頭にある「666」のアザも。
まるでハリーポッターの『Z』のアザのようだった。

『悪魔の子・ダミアンに憑いている“666”という数字』

その印象が「悪魔の子=“666”」という図式になって、
僕の頭の片隅にずーっと残ってきたのだ。

「あぁ、悪魔の数字まで記事を書いたんだぁー」

妙な感慨と共に、自分が書き上げた記事の数に対して
感傷に浸ってしまったのであった。

書いているこの記事は、667つ目の記事。
次はどんな数字に心動かされるのであろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんばんは!
「末高ト~ム!」にコメントいただきありがとうございましたv-410
そこの所にどなたもコメントがなくて、ちょっと寂しかったのですv-390
さすがpapaさん!って思ってしまいましたよv-410

「オーメン」・・ありましたね。というか、ホラー映画は苦手なので観てませんが・・・v-399
次は777ですね!v-66

↓子供たちが大きくなると、夏休みといっても部活やら補習やらで、なかなか予定が合わなくなりますよね。
なので我が家は、春休みに旅行に行きますv-448
今年の春は、入試の後・合格発表の前、という何ともいえない時期に行ってきました。今更ジタバタしてもしょうがない~!!ってことで。
発表の後は手続きやら登校日やらで、何かと忙しくなりますしねv-392
たぶん来年も春に行くと思います。
あ、でも、papaさんや奥様がお休みを取るのが大変かな?
2009/07/21 (火) 00:28:55 | URL | 藤壺 #-[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。
返信、遅れてすみません。

>藤壺 さん
やはり、ポイントは「末高ト~ム」でしたか。
僕にとっても「末高ト~ム」はツボですから。

末高トムさん、ちょっと前に空き巣にやられて、
大事な「ギャグの実物」を盗まれたそうですよ。
でも、末高トム本人の弁では、
『こんな形でマスコミの前に登場したくなかった』
ということです。

「オーメン」はとっても怖かったです。
だから『666』が印象に残っているんです。

そうか、次は『777』かっ!
「ラッキースリーセブンス」で頑張ります。
でもなんか、パ■ンコみたいですな。

春休みに行くという手もありますけど、
僕はともかく女房の休みが取れませんねぇ。
夏は比較的休みを取りやすいんです、女房は。

でも、やり繰りして何とか1泊分を捻出しました。
また、バカンスのことは書きたいと思っていますので、
お楽しみにお待ちくださいませ。

また、お越しくださいませ。
2009/07/23 (木) 01:02:02 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。