主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無事に退院
昨日、手術をした我が家のお嬢「ビチ」さん。

「適切に処理はしますが、何かあれば連絡します」
退院出来ない時は、朝9:30までに連絡します」

手術中、手術後、そして今朝の9:30までに、
何の連絡も無かったので、ひとまず安心。

お昼近くになって、ビチさんを迎えにいった。

「お迎えですね、ちょっとお待ちください」

そう言われて診察室で待っていると、
ビチさんが連れてこられた。

「リンパ節は大丈夫だったので、腫瘍だけ切除しました」
「組織検査してもいいですが、お金が掛かりますのでね」
「私の所見では、あれは間違いなく乳癌ですよ」

分かっていたが、今更のように乳癌と言われて、
ちょっと複雑な気持ちになった。

「でも、癌が転移するかしないかは『運』ですから」
「これで、多少は寿命も延びましたしね」

ビチさんの命はとりあえず、救われたようだ。

「この子、大人しくてお利口さんでしたよ」

助手の方がそう言ってくれた。
別にシッカリと躾をした訳ではないけれど、
ちょっと嬉しくなった。

さて、車に載せて家路へ。
途中車の中で、ビチさんはやたらと鳴くのだ。

返事をしても、撫でても「ニャーォ、ニャーォ」と
人の顔を見てしきりに鳴くのだ。
ちゃんと、顔だけは憶えていたようだ。
一安心。

家に着いて、洗濯ネットから出してやると、
一目散に、自分の砂場でおしっこをした。
その後、餌を2、3粒与えるとガツガツと食べた。

ホントは「お水を少し与えてください」と、
助手の方に言われていたのに、いきなり餌を食ってしまった。

家に帰ってきたことが分かったのだろう。
安心したから、おなかが減ったのだろうなぁ。

そんな自宅でのビチさんの様子である。

090526_bichi.jpg

腹がふくれて、安心し切って、寝ているのだ。

首に付いているフードは、
傷口をいじらないようにするためのもの。

傷口には絆創膏が貼ってあるのだが、
はそんなものは舐めて取ってしまうのだ。

「縫った針も取っちゃいます」
「取っちゃうと、血だらけですから」
「抜糸まではこのままでお願いします」

獣医さんはそう言っていた。
確かに、は何を貼ってもすぐに取っちゃうのは、
既に経験済みである。

餌を食べにくい、頭の部分の毛繕いができない、
マーキングができない、狭い隙間を通れないなど、
いつもの行動と全く同じようには出来ない。

それは仕方がない。
それをビチさんが解っているかどうかだな。

良く見てもらうと、後ろ足の部分が肌色になっている。
綺麗サッパリと毛が剃られている。

この部分が手術した部分の一部である。
白い絆創膏が貼ってあるのも見えるのだが、
くつろいでいるビチさんの邪魔はしたくないので、
そっと写真を撮ったのだ。

それに触るとやっぱり痛がるしね。
…当たり前か。
人間だってそうだもんな。

しばらくは通院である。
明日は化膿止めの注射をするそうだ。

早く元のビチさんになってね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。