主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日のビチ嬢・2
昨日の記事は、少々センセーショナルな書き方をして、
皆さんに誤解をさせてしまったかもしれないと、
今日も、我が家のお嬢「ビチ」さんについて書きます。

言っておきますが、コトはそれ程深刻ではありません。
ビチさんは、今のところ十分に元気ですよ~。

確かに動物病院の先生の診断はではありますが、
だからと言って、昨日と今日の様子がガラリと変わる訳ではなく、
いつもの通りの生活をしております。

気にはなっていたんですよ。
薄々じゃないかと思ってたんです。
ハッキリするのが怖くてね。

「乳腺炎の酷くなったヤツかもしれない」と、
女房は楽観視してたんですけど、
その女房も乳の可能性を全く否定してなかったしね。

子ども達はどちらかというと、ピーンと来てない感じで、
ただ「」という病気は死ぬかも知れない病気だという、
認識はあるみたいだった。

子ども達にとっては、という病気よりも、
手術することの方に意識が向っているようだ。

「手術するってことは入院するんだよ」
「2、3週間は入院するんだよ」

そう言うと、子ども達はビチさんのいない生活を想像して、
いや、想像出来ない感じなのだ。

「ビチがいないって、どうなるんだろ?」と、
次男は、眉間にしわを寄せて考え込んでいるのだ。

そして、子ども達はもちろん、女房もそうだが、
『ビチが病気』『乳なんだ』という認識が定着してしまったので、
どうしてもそういう目でビチさんを見てしまうのだ。

「抱きかかえたら、なんか軽かったよ」とか、
「なんかやつれたように見えるわね」とか、
「やたら昼寝するのが増えたね」とか、
「餌の食い付きが悪いよ」とか。

実際にはそんなことは無いのだが、そう思えてしまうのだ。
そして、家族全員がビチさんに優しくなったのだ。

当のである、ビチさんは関係なさそうである。
多少、お疲れのような感じもするが、それは僕の見方であって、
ビチさんの本音は解らない。

090517_bichi.jpg

これは、子ども達が携帯電話で撮影したビチさんの写真である。

長男も次男も携帯電話を持っているものだから、
病気とは関係なく、チビさんを被写体にして撮っていたのだ。
つい最近、撮った写真を編集してみた。

ビチさんは、今十分に元気だけど、
この元気が長続きするように、
また、病院に行ってきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。