主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
がん告知
1年ほど前から、そんな様子だった。
「自然のままで」という想いで、
そのままにしていたのだ。

だが、それは昨日のことだった。

遂にその患部から出血したのだ。
出血というより膿のようなモノが出たのだが。

遂に緊急事態に至ったということで、
今日、病院へ駆け込んだのだ。

医者は一目見た瞬間に診断を下してしまった。

「あ、こりゃ、間違いなくですね」
「ずい分大きくなってますねぇ」
「もっと早く来ないと…」

どうやら、リンパもやられている可能性が大で、
どこかに転移していても、おかしくないという。

「どちらにしろ、延命治療になりますよ」
「幸い、体重があって食欲もありそうですから…」

そう言って医者は、ひと呼吸おいた。

オペで取り除くのがいいでしょう」

僕はすぐに返事が出来なかった。

「ご家族でご相談してください」

そう医者に進言されて、僕は家に帰った。
そして、女房に相談をした。

がん告知をされたのは、この方だ。

090516_bichi.jpg

我が家のお嬢「ビチ」さんである。
先ほど、携帯電話で撮影したものだ。

この姿からは判らないとは思うが、
おなかのところに大きな腫瘍が出来ているのだ。
要するに「乳がん」という訳だ。

細胞は、限りなく増殖していく。
そして大きな腫瘍になって、
皮膚が耐えられなくなって裂けてしまったのだ。
それで、出血したという訳だ。

ビチさんの様子は、至って普通で、すこぶる元気ある。
動物病院から帰ったビチさんは、えさ箱に走り寄り、
ガツガツとキャットフードを食べていた。

だが、と判った時点で、
人間側の対応が以前と違ってきている。

哀れみをもって接しているというか、
愛情をもって接しているというか、
そんな感じである。

子ども達にとっては相当ショックだったようで、
それまで急に抱き上げたり、意地悪していたのだが、
ピタリとしなくなった。

「いつまで生きるのかなぁ」と呟く長男や、
「ビチ、大丈夫か?」と声を掛ける次男に、
ちょっと愛おしさを感じた。

「大丈夫だよ、取った方がいいんだよ」
「その方が長生きするんだよ」

僕がそう説明すると、子ども達は納得していた。

「ただ、入院しなきゃいけないからね」と言うと、
子ども達は寂しそうな顔をした。

今までビチさんがいなくなったことはないので、
余計にそう感じるのだろう。

来週、もう一度診察してもらって、
オペの段取りを決めることになるだろう。

と言えども、立派な家族である。
大切にしてあげないといけないなぁと、
家族でそう思ったのであった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お大事に
タイトルから心拍数が上がりました。
大変胸が痛みます。

少しでもいい時間が過ごせます様に
安らかな時間でありますように
お祈りいたします。
2009/05/17 (日) 16:42:23 | URL | kamo #3/VKSDZ2[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。

>Kamoさん
驚かせて申し訳ありません。
ちょっと大袈裟に書き過ぎました。
お騒がせしてすみません。

顕著な症状は現れていませんが、
もう10年近く一緒に生活している、
猫のビチさんなので、
少しでも長生きしてほしいと、
手術を決断しました。

今のところ、しっかり4本の足で歩いて、
元気に餌を食べているので大丈夫です。

ここでシッカリと治療をして、
あと10年は生きてほしいと、
そう思っています。

また、お越しくださいませ。
2009/05/17 (日) 23:34:35 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。