主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
健康診断
行政サービスの一環である、
住民への健康診断に申し込んでおいたので、
午前中にレントゲン撮影に行ってきた。

連休前に大腸の検査容器を受け取っていたので、
連休中に検査は痰を、大腸検査は便を採取した。

最近の検査は、痰は3日分、便は2日分と、
複数日の採取になっているのでちょっと面倒臭い。
尿の採取がないだけでもありがたいかな。

しかも、朝に採取しなければならないので、
余計に鬱陶しいのかもしれない。

連休中に何とか採取して、今日はそれを提出した。
そして、レントゲン撮影である。

レントゲンは、どうってことは無い。
四角い機械を抱きかかえて、
「息を止めてぇ…はい、OK」
で終りである。
昔からの、いわゆるレントゲン撮影だ。

問題は、レントゲン撮影だ。
そう、そうなのだ。
あの「バリウム」を飲むヤツだ。

発泡剤を白いバリウムで流し込んで撮影開始である。
ジッとしているのなら問題は無い。

「はい、右側を向いて…そのまま、うつ伏せになって…」
などと、レントゲン技師から指示が出る。

「うつ伏せからそのまま1回転して・・・もう1回右を向いてね」
この段階で、ゲップが出そうになる。

「ゲップが出ないように我慢してね。はい、今度は左ね」
“やかましいわ!”という叫びをグッと押さえて指示に従った。

経験則からググググッとゲップを我慢していると、
「はい、OKです。終りですよ」と、レントゲン技師の声。

「ほぇ? もう終り?」
今日は覚悟してきたのにアッサリと終わった感じ。
出口で下剤を飲んで帰宅した。

ここからがちょっと大変だった。
なかなか、例の「白い物体」が出ないのだ。

仕方がないので昼食を食べたのだが、
昼食を終わった途端にもよおしてきて、トイレにGO!

よく考えたら、朝飯を食べないで検査に行ったので、
腸が活動していなかったのだ。
バリウムと発泡剤では、がビックリしただけだったのだ。

無事に排出して、これで健康診断は全て終了。

今回はがんがん大腸がん、結核と、
フルコースの検診だったが、連休にこなした分もあって、
あっという間に終わってしまった。

こーゆーのは受けないより受けておいた方が安心である。
手遅れが一番怖いからねぇ。

何も無いとは思うが、何も無いことを祈りつつ、
あとは結果を待つのみである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。