主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Result of WhiteDay
楽団に持って行った『マシュマロチョコ
練習が終わってから「どうぞ」と箱を開けてご披露となった。

『僕と次男が作った』と言うと、驚かれて「お菓子を作るなんて意外ねぇ」なんて言われた。
でも、土曜日の参加人数が少なかったし、それにお菓子大好きな子がお休みだったので、パラパラと食べていただいた程度だった。

50個ほどを詰め合わせて持って行ったけど、半分くらい残ってしまった。

それで長男の同級生の女の子に、
「残りモノだけど持って帰るようにね」と、
半分は冗談で半分は押し付けで言ったら、その子は急に嬉々としてはしゃぎ、
「いいんですかぁ! じゃあ…」
と言って箱ごと持って帰って行きました。
それも、あっという素早さで。

…う~ん、よかったのかなぁ。
喜んでくれたのかなぁ。
ちょっと疑心暗鬼。

その子はトロンボーンをやっていて、次男の師匠に当たるので、結果オーライってことで。


ところで、先月のバレンタインデーで長男は個人的にチョコをもらっていた。
詳しい内容は『ヴァレンタイン・チョコ』を参照してください。

長男は怠りなかった。
10日前に、準備を終えていたのだ。
たとえ「義理」であっても手は抜かない。(カッケー!)

長男は女房と買物に行った時に、ひっそりと買ってきたチョコレートの詰め合わせを渡したのであった。
彼女は感激して「ありがとうございますっ!」と長男からチョコを受け取った。

だが、彼女は感激の余り、持っていたカバンとトランペットケースを手から離して、長男からチョコを受け取った。
当然、カバンとトランペットケースはガタン!と床に落ちたのであった。

あら、あら~。


家に帰ると、女房の分は既に無くなっていた。
「美味しゅうございました。小腹が空いていたから食べちゃった」だって。

こんな風に、2009・ホワイトデーは過ぎて行ったのでありました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。