主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お披露目
久しぶりの楽団練習である。
3週間ぶりだ。

ドキドキしながら新しいフルートを組み立てて、
厳かに音出しから始める。

今日は家で練習しなかったのだ。
出来なかったというのが正しい。

というのも、長男や次男は新しいフルートの存在を
知っているのだが、女房は知らないのだ。
そう、女房に黙って買ってしまったのであった。

だから、今日は仕事が休みだった女房の前では、
練習が出来ないのである。

前のフルートを吹けばいいって?

いやいや、そういう訳にはいかないのだ。

フルート1本1本に癖があるし、個性もある。
それに素材の違いからも使う息の量が違うし、
息を吹き込む歌口の形も全然違うので、
息の角度と量、息のビームの大きさとスピードが、
それぞれで違うのだ。

だから、吹きたいその楽器で練習しなければ、
全く意味がないのである。

まだ新しいフルートに慣れていない僕の場合は、
特にそうなのだ。

新しいフルートの音色の出し方を会得できていないから、
楽器をとっかえひっかえしていると、
唇や身体が戸惑ってしまうのである。
極端な話、音が出なくなることだってあるのだ。

楽団練習は3週間ぶりだし、楽器は新しいし、
ゆっくりと、そろりと練習し始めた。

やっぱり、音量は大きいね。
響きも悪くないけど、音色はまだまだである。
この辺は鍛錬不足を痛感する。

仕方がないね。
こればっかりは時間が掛かるかもしれない。


さて、地道な練習をしているけど、
誰も新しいフルートに気付かない。

う~ん、何だかなぁ~。

仕方がないので、ファーストさんとピッコロさんに
お披露目をしたのであった。

「おぉ、金色じゃないっスか!」
「わぁ~、金色に光ってるぅ」

そうか、そこだったのか、ポイントは!

ファーストさんは更に「リングでH管じゃない」と、
通な部分に気付いてくれた。
…ちょっと嬉しい。


その後、全体での合奏練習に入った。

キー動作のスムーズさに助けられて、
早いフレースが多少なりとも吹けてたように思う。
もちろん、もっと練習が必要だけど。

それよりも問題なのは、譜面が瞬時に読めないことだ。
今日も新曲があったのだが、読譜が遅くて、
どこを吹いているか、分からなくなってしまった。

吹ける実力があっても、読譜の能力がないと、
何もかも半減してしまう。

前から気になっていたことなのだが、
それが表面化してきた。

やっぱり、日々努力と精進と鍛錬だ。
頑張りましょ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。