主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吹き心地
最近は夕食の記事ばっかり書いていて、
音楽の記事はほとんどご無沙汰でした。

実は、趣味の音楽、楽団のことやピアノに関しては、
残り3つのブログのうちの『主夫の、-Villa-』の方で、
アレコレ、ブツブツ言いながら書いているのです。

もし、ご興味がありましたら、是非こちらにも
お立ち寄りくださいませ。

今回、リクエストがありましたので、
こちらでもフルートのことを書こうと思います。

時々は、趣向を変えないといけませんね。
マンネリになっちゃうもんね。

さて…、

新しいフルートが届いてから、ちょうど2週間。

「毎日、吹いています!」と言いたいところだが、
仕事や用事、家事もあるから、毎日って訳にはいかない。
なるべく時間を見計らって練習している。

前回は写真不掲載でしたが、今回は載せちゃいます。

090305_2flutes.jpg


小さくなっちゃって、分かりにくくてすみません。
フルートって意外と長くて、フレームに収まらず、
こんな感じになってしまいました。

上のモノが今ままでのフルートで、
下のモノが新しいフルートです。

長さが違いますが、これは最低音が「ド」のモノと、
最低音が「シ」のモノという仕様の違いです。

その他に新しいフルートは、一番左のキャップと、
「リッププレート」という唇を当てて息を吹き込むところ、
それに指で操作する部分の「キー」の部分が、
金メッキなんだけど、判りますかねぇ?
何となく黄色っぽく見えていると思いますが。

他にも微妙に違いがあるのですが、
この写真からはこのくらいしか分からないですね。

一番の違いは、管体といってフルート本体の筒の部分が、
新しいフルートは「」なのである!

前のフルートは真鍮か、洋白という、
銅とニッケルの合金だったのだ。

この素材の違いは、音色の違いとなって現れるのだ。

洋白は鳴り易いが音色に深みがない。
はいわゆるフルートらしい音色がするけど、
鳴らすにはそれなりのパワーが必要なのである。

もっとも違うのは「吹き心地」ですね!
こればっかりは写真では分からないですよねぇ~。

やっぱり「音色」がするっていうのはいい。

今までお店で試奏した時は分からなかったが、
自分で手に入れて、そして吹き込んでみると、
違いが判るようになってきた。

それに、キーの感じが違う。
スムーズな運指が出来て、急に上手くなった感じ。
やっぱりいい楽器は違うね~。

でも、いいことばかりではない。
鍛錬が必要だなと思わせる部分もある。

先ほども書いたけど、の素材だと
吹きこなすにはパワーがいる。

パワーがいるというのは、吹き込む息の量が
それなりに必要だってことである。

同じフレーズを吹いていても、
前のフルートだと楽に吹けたのが、
新しいフルートでは息切れすることがある。

僕の身体の方が出来ていないんだな。
いわゆる「息の支え」ってヤツ。
腹筋、背筋、鍛えなきゃってことだ。

ようやく2週間で新しいフルートに慣れてきたって感じ。
これから吹き込んで僕のフルートにしていく訳だ。
まだまだ前途は長いけど、楽しみでもある。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
うわ~~v-20私の心の声聞こえちゃいました??w
フルートのお顔が見てみたいなぁ・・・なんて思っていたんですv-21

一目瞭然で違いがわかりますねv-341
楽器は奥が深いです
それを自分の物にするのがまた楽しいんですけどねv-343

そそ!吹きこなすにはパワーがいる・・・で思ったんだけど
多分楽器が長くなったせいもあるんじゃないかな??
その分肺活量もいるんじゃないかと・・・
本と腹筋運動は大切です!
部活前の筋トレ・・・懐かしいですv-411

音色は明らかに違うと思いますよ~v-352
「高い楽器」という先入観だけ・・とは絶対違いますからv-410
マウスピースやリードだけでもぜんぜん違いますからね~

今後の演奏が楽しみですねv-352
2009/03/05 (木) 22:55:15 | URL | みい☆ #bxvF113M[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。

>みい☆ さん
ニューフルートの話を1度しか書いてないことに気付かせていただいて、ありがとうございます。
向こうのブログはそーゆー方達が多いので、そっちばっかりで書いてました。

こちらのブログは、写真を載せた方が判りやすいと思ったけど、あんまり巧い写真じゃなくてすみません。

金メッキが少々成金趣味っぽいのですが、それも音色に影響するので、内心はウハウハなんです、はい。

いい音で響かせるには、やっぱり精進と鍛錬しかないのだなと思いました。
それも切実に、です。

時々はフルートのことを書こうと思います。
また、お越しくださいませ。
2009/03/07 (土) 02:49:14 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
ポカポカとお日さまのあたる原っぱで
寝転がってる夢から覚めたら
電気が煌々とついた部屋で突っ伏して寝てました。
で、風呂から出てこの時間・・・i-229
ダンナがこんなことやってたら怒りますけどね~!

ついにフルートさん、初お目見えですね!
後は音が聴きたいな・・・?
毎日のようにディズニーシーのCDを車で聴いてるんですが
上の子が「この音はバイオリン?これはクラリネット?で、
これがトランペット?あ、トライアングル。」と
興味を示すようになりました。
・・・いっぺん生のコンサートでも連れってみるか~?
自分もやる!って言い出したら・・・それはそれでいいけど。
2009/03/07 (土) 03:46:35 | URL | かえるのりんりん #-[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。

>かえるのりんりん さん
僕の最近は毎日、午前様ですねぇ。
夜に出掛ける用事があるので仕方がないのですが、
その後にブログを書いているので、そんな時間になります。
当然、朝は遅くなる訳で、悪循環街道を突っ走っています。

えぇ、ブログ初登場です、フルートの画像は。
2本、並んでいるところがミソです。

あぁ、やっぱり次は「音」ですか。
そのうちに…。
考えておきます。

是非、生音を聞かせてあげてください。
目の前で演奏する、その臨場感や存在感は、
CDやテレビでは得られないものですから。

子どもの可能性は大切にしたいです。
でも、音楽は「ヤル気」というモチベーションと共に
「継続する」というエネルギーが必要ですよ。
毎日の練習(おぉ、僕自身も耳が痛い言葉だ)が
大切ですからねぇ。

また、お越しくださいませ。
2009/03/08 (日) 01:15:58 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。