主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数奇な人生
昨日のことなのだが、女房と子ども達で映画を見に行った。
僕は仕事が入っていて一緒に行けなかった。

春の季節、特に春休みになると、
女房は子ども達を連れて必ず映画に行くのだ。

今回はまだ春休みではないが、映画に行った理由は、
長男がどうしても見たい映画があったからだ。

その映画はロードショーなので、
春休みには終わってしまうかもしれなかったからだ。

その映画は『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』である。

女房達が帰ってくるよりも、
僕の仕事が終わる方が早かったので、
家でネットして、本を読んで、昼寝していた。

しばらくして、女房と長男と次男が帰ってきたのだが、
何か様子がおかしい。

長男が妙に神妙な顔をして入ってきて、
ボーッとした表情で居間で佇んでいた。

「どうしたの?」と訊く前に、女房が言った。
「映画を見て泣いちゃったのよ~」

そして、長男の一言。
「身体は疲れてないけど、心が疲れた」

実は、長男には逸話がある。

ビデオを見ていた3歳の長男が突然泣き出したのである。
そのビデオは「ダンボ」だった。
丁度、ダンボと檻に入れられたお母さんとのシーンだった。
僕と女房は、どうして泣いたのか解らなかったのだが、
「ダンボ、かわいそう」と言った長男の言葉に、
事の事態を把握してホッとした反面、
その感性の豊かさに驚いたのだった。

そのことを久しぶりに思い出させてくれた。

そして、女房の話は次男に移った。
「極めて冷静なのよ、こっちは」

次男に話を訊くと、
「悲しかったけど、泣くほどじゃなかったよ」

あー、そーですか。

この違いは何だろうねぇ。
兄弟といっても、やっぱり別々の人格なんだなぁ。
これは個性といっていいのだろうか?

そんなハプニングがあるのなら、
一緒に映画に行きたかったなぁ。

ちょっと残念な想いのpapaであった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
映画鑑賞
同じ感じ方で話が盛り上がる
色々な感じ方の差があってそれで話が盛り上がる
どちらにしても、同じものを観て
感じたことを話せるのが嬉しいですね。

わたしも映画をよく観ましたが
殆ど一人でした。(笑)
結婚してからはみんなで行くけど
数年に一度程度です。

みんなで映画鑑賞。
我家の(私の)宿題として頭においておきます。

PAPAさんもこれは一緒に行きたかったですね。
2009/03/02 (月) 20:50:32 | URL | kamo #3/VKSDZ2[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。

>Kamoさん
お久しぶりです。
お忙しそうで、十分にご自愛を。

> 同じものを観て、感じたことを話せるのが嬉しいですね。

Kamoさんのところはまだお子さんがちいさいので、
まだまだこれからですよ~。
ちゃんと自分の考えが話せるようになれば、
楽しみが増えるはずです。

> みんなで映画鑑賞。
> 我家の(私の)宿題として頭においておきます。

うちはハリーポッターシリーズからです、
家族で映画に行くようになったのは。

> PAPAさんもこれは一緒に行きたかったですね。

僕が忙しい時に限って、女房が子ども孝行をするんですよ。
いつも子どもと触れ合う時間が短いので。
でも、長男の泣き顔は見たかった気がします。

また、お越しくださいませ。
2009/03/04 (水) 00:08:36 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。