主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サタディナイトフィーバー
今日は土曜日。

だけど、今日は楽団の練習に行かなかった。
というのも、演奏会のチケットをもらったからだ。

招待券を2枚もらったのだが当日券もあるらしいので、
当日券を2枚買って家族4人で楽しんできた。

演奏会は「ブラスアンサンブル」であった。
ブラスアンサンブル”とは金管楽器だけの楽団である。
吹奏楽と違って木管楽器はないし、弦楽器はもちろんない。
要するに正真正銘の「ブラスバンド」である。

トランペットが5人、ホルンが2人、
トロンボーンが2人、ユーフォニウムが1人、
チューバが2人にパーカスが1名。

ブラスバンド」というには少人数である。
だから“バンド”でなくて“アンサンブル”なのだ。

次男がトロンボーンをやり始めたばかりだから、
次男にトロンボーンの良い音色を聞かせたかった、
というのが、1番の理由である。

その他には、長男にはいろんな形態の、
様々な演奏を聞かせたかったというのもある。

だけど、聴きに行ってカルチャーショックだった。
金管楽器に持っていたイメージが変わるほどの感銘を受けた。

トランペット5人と言っても、トランペットだけでなく、
ピッコロトランペット、フリューゲルホルンと
多彩な音色を聞かせてくれた。

さらに、チューバ、ユーフォ、バリトン、ホルン、
そしてトロンボーンの下支えが素晴らしかった。

低音域の土台に、中音域の和音が乗っかって、
高音域のメロディラインが走っていく。

それは、ストリングアンサンブルと変わらない、
繊細で心に響く調べと分厚い音の厚みであった。

僕は「ただ大きな音だけだ」と思っていた金管楽器が、
こんなにも美しく音が響き、心にも響くものなのだと、
恥ずかしながら今日初めて認識した。


その余韻を残して、久しぶりに家族で外食をした。
スパゲッティさんでの夕食だ。
そこは乾麺だけでなく生麺も選べるのだ。

乾麺はいわゆる普通のパスタであるが、
生麺は手打ち麺である。
モチモチ感とプリプリ感がイイらしい。

トマトと茄子の生麺ミートソーススパゲッティが次男。
牛肉の和風スープの生麺スパゲッティが女房。
明太子とイクラの生麺トマトソーススパゲッティ大盛りが長男。
魚介とカニ味噌の乾麺クリームスパゲッティ大盛りが僕。

美味しかったし、満腹になった。

それ以外で、僕や女房にとって1番のご馳走は、
「上げ膳据え膳で片付けなくて良いこと」である。
だが、お金が掛かるところが、ちとツライ。

仕方が無いか。
久しぶりの外食だから、ね。

家族4人でサタディナイトフィーバーしました。(古っ!)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。