主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリスマスの準備
そろそろクリスマスの準備をしなければ。
そう思って動きだした。

ツリー? …それは女房と子ども達で。

ケーキ? …いいえ、それは買います。

七面鳥? …ちょっとそこまでは。

プレゼント? そうそう。そうですぅ!

建前上『サンタ存在主義』を取っている。
僕も女房も、そして子ども達も。

子ども達はサンタを架空の人物であることは十分に認識している。
だが、サンタが存在を信じていると思わせておいた方が、
自分達にとって都合が良いということに気付いたのだ。

長男なんかは、こういう言い回しをする。
「まぁ、一応、サンタさんに頼んでおくか。…居ないけど」
もう15歳だからね、少々は「モノの道理」も分かる年頃だ。
致し方無し、って感じだ。

次男も薄々ってな感じ。
ただ、次男は次男だけあって物事の運びが上手だ。
「欲しい物があるんだけど、プレゼントに来るかなぁ?」なんて、
純朴そうに主張してくれる。
ちょっとカワイイね。


さて、プレゼントの段取りである。

長男が所望しているモノは「アーバン金管教本」である。
トランペットの教則本で、中級クラスのモノだ。

全3巻なのだが、第3巻はピアノ伴奏譜なので省いた。
第1巻と第2巻の2冊で、イイ値段なんだな。

次男は、パソコン用のゲームソフトである。
WiiやDSもあるのだが、パソコンにはまっているのだ。

多少、マニアックで申し訳ないが、
「日本ファルコム」というメーカーのRPGゲームで、
『イース』というシリーズに凝っているのだ。

その昔、僕もそのゲームにはまったのだが、
その続編が出ていて、それが次男のお気に入りなのだ。

『ブツ』は決まった。

あとはこれを探すのだけなのが、
地方に住んでいるとなかなか簡単にはいかない。

とりあえず、すぐに手に入ればと思って、身近で行ける店の、
量販店、電気屋、楽器屋、本屋、パソコン屋を回った。

…ない。全然見当たらないのだ。

まずはトランペットの教本。
ピアノ譜やギター譜はたくさんあっても、
吹奏楽関連のモノは肩身が狭いほどの量しかない。

吹奏楽では有名な本なのだがなー。
某有名楽器チェーン店に第1巻はあったのが、
唯一の慰めのような感じだった。

パソコンのゲームソフトに至ってはもっと悲惨である。

WiiやDS、PS3やPSP、X-boxのゲームコーナーは、
広い売り場面積で華やかで分かり易い展示で、量も質も豊富だ。
でも、そこにパソコンゲームはない。

Windows、ビジネスソフトや事務処理ソフト、ウイルスソフト、
教育ソフトが展示された、枯れて目立たないコーナーの、
その部分の棚にほんの数種類が置かれていただけだった。

「探す」なんて話ではない。
見た瞬間に「無い!」ってことが判るのだ。

両方とも「探す」なんて話でなかったね。
「有るか、無いか」ってコトだったんだー。

…仕方がない。
こうなれば「ネット」に頼るしかない。

送料代引き手数料を少々取られても、
数日で確実に手元に届くのだ。

案の定、わんさかと検索に引っ掛かった。
さすがにネットの世界だね。

本に関しては再販制度があるのでディスカウントは少ないが、
ソフトに関しては選り取り緑である。

でも、肝心なのは「送料」と「代引き手数料」だ。
WEBサイトから価格を拾い出し、エクセルで比較した。

更に大事な要素があって、それは「納期」である。
いくら安くても、1ヵ月後では困るのだ。

だいたい、クリスマスといえば「年末」である。
年末といえば、年末大行進である!

日本中の輸送業務に携わる人々のところには、
「年内に納めて」の要望に荷物が殺到するのだ。
だから、早めに注文しないと年内の到着さえ怪しくなる。

アマゾンなんか、こんなこと書いてあったよ。
「12/24着をご希望の方は、12/18までにご注文を」
いやはや、大変なことですよ。

ま、どうにかこうにか、そんなこんなで、
何とか、クリスマスプレゼントの発注を終えたpapaであった。
ちょっと疲れましたぁ~。

でも、子ども達が喜ぶ顔を想像すると、
ちょっと楽しいpapaであった。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
何て素敵なpapaさん。
何て可愛くて素直な息子さん達
papaさん プレゼント探しお疲れさまでしたね~
読んでいて胸がジーンとなり
感動してしだいに涙で記事が霞んできました。。。
(笑)自分のことのように嬉しいですね~♪
2008/12/19 (金) 06:56:14 | URL | イタリアンパセリ #TphhymVY[ 編集]
コメント、どうもですぅ。
コメント、ありがとうございます。

>イタリアンパセリ さん
そんなに感動していただけるとは!
ありがとうございますぅ~。
こちらとしては、ドタバタ騒動を軽妙に書いたつもりです。

地元の店を捜すまでもなく、ネットで発注する方法が正解だと最初から分かっていましたが、送料と代引き手数料は出来るだけ払いたくなかったので。
結局はガソリンを使って、更に送料と手数料を払うことになっちゃいました。
でも、努力した甲斐があって、希望する『ブツ』が手に入ったのでよかったです。

また、お越しくださいませ。
2008/12/20 (土) 02:13:11 | URL | ship-papa #X8FGDHR.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。