主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
燃える次男
朝、次男が症状を訴えた。
「何か、僕、とってもツライんだけど~」
そう言って、精気のない顔をして起きてきた。
すぐに体温を測ると、38.5度。

それでも女房が「朝ご飯、食べる?」と訊くと、
「食べるぅ~」と元気がないながらも主張した。
食欲だけはあるようだから、一安心。
咳やクシャミ、鼻水等の症状は出ていなかった。

今日は何かと忙しい。
仕事もあるし、長男の懇談もある。
でも、次男の風邪が一番緊急性がある。

午前中の仕事を午後からに変更してもらう。
長男の懇談も午後5時にしてもらった。

そして次男を医者に連れて行くのだが、
この時期は、同じような患者でメチャ混みである。

小児なら予約が取れる医者だったので電話したが、
予約はいっぱいだという。
とりあえず、受付で順番表に名前を書き込めば、
診察が早くなるので慌てて、受付に走った。
「この順番だと9:30頃ですかね」
という受付の人の応対を聞いて家に戻った。

次男の額を触ると、燃えるように熱かった。
もう一度、体温を測ると39.0度だった。
熱のせいで、次男は全然元気がない。
元気がないどころか、グッタリとしている。
ちょっと早いが医者に連れて行く。

看護士さんが次男の様子を見て、
「もうちょっとで順番だからね」
と心配して声を掛けてくれた。

頭が痛くて、少し気持ちが悪かったらしくて、
おなかの触診もしてもらった。

診察の結果は、感冒だということだけど、
熱以外の症状はそれほどでもないので、
点滴はしないで、薬だけの経過観察となった。
「下痢したり吐いたり、解熱しないならまた来てください」
感冒薬と座薬の解熱剤をもらって家に帰った。

お昼ご飯を次男と食べて、薬を飲ませて、
とりあえず仕事に出た。

仕事から帰ると、次男はグースカピーと寝ていた。
気持ち良さそうに寝ていたが、やはり次男の身体は熱い。
体温を測ると、今だ39.0度。

ヤバイなーと思って、早速座薬を投与。
しばらくすると汗が急に吹き出ててきて、
パジャマが雨に打たれたように
グッショリと濡れてしまった。

早速着替えてから、体温を測ると36.6度。
あっという間の解熱。
でも、解熱剤で下がっているだけだから、
明日の朝までは様子見である。

でも、夕飯はご飯をお替りし、おかずも平らげたので、
そこそこ元気は回復した感じである。


ところで、今日は次男が病気で倒れたので、
替わりに長男に手伝わせた。

今日は、大根と人参とジャガイモの肉巻き。
「今日は僕しかいないからな」と、
長男は気合を入れて手伝ってくれた。

意外と早く、要領を呑み込んで肉巻きを作ってくれた。
それに、スープも作ってくれて、
餃子の皮を短冊に切って、スープの具にした。

あとは、余った大根と人参とジャガイモで
キンピラ風の炒め煮にして一品を添えた。

長男にはちょっと頑張ってもらったので、
意外と豪華になった夕食だった。

今日も美味しゅういただきましたけど、
次男は明日も燃えているだろうか?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。