主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もったいなくて、おでん
一昨日は、女房が豚シャブシャブの夕飯だった。
昨日は、残りダシ汁が残っていた。
けっこう量があって、捨てるのはもったいなくて、
どうしようか、考えていた。

昨日はスーパーの火曜特売。
買物をしている最中に、おでんダネが目に入った。

「そうだ、おでんだ」

の残り汁に味を付けておでんのダシに使うのだ。

さて、家に帰って用意をする。
大根と人参は、皮をむいて輪切りにする。
面を取って味が染み込みやすいように
十文字に包丁を入れておく。

米のとぎ汁で大根と人参を下茹でする。
人参はとぎ汁で茹でる必要はないのだが、
面倒臭いので一緒に茹でてしまった。

それから玉子を固ゆでにする。
皮をむいてに放り込む。

12分間茹でて、シッカリと水にさらしたので、
玉子の殻がキレイにむけた。

おでんダネは、セット物を買った。
ごぼう天、イカ天、ショウガのハンペン、など
まとめて袋に入っているのである。
便利なものだ。

長男はがんもどきが好きなので、
それは別に買った。

それらを沸騰したお湯の中に入れて、
油抜きをする。

の残り汁に酒、醤油を入れて味付けをする。
その中に、大根、人参、おでんダネ、玉子を入れて、
グツグツと煮込む。

沸騰したら火を止めて、しばらくして冷めたら
また火を入れて沸騰させる。
これを繰り返すと、味が染み込むのだ。

それではいただきます。

スーパーで買った味噌ダレの、
「つけてミソ、かけてミソ」と和カラシで食べる。

美味しいね~。

段取りは面倒臭いけど、
手間が要らなくていい。

でも長男がボソリと言った。

「コンニャクが無いね」

あー! 忘れてたな~。
ま、そんな時もあるよ、うん。

昨日も美味しくいただきました。
--

いつもアクセスしていただき、
ありがとうございます。

カウンターキリ番「15,000」ですが、
またまた、自分で踏んでしまいました。

あちゃ~!

ご覧の通り。

081022_15000.jpg


何で、こーなるんだろ。

そんな訳で、次回は「20,000」です。
アクセスよろしくお願い致します。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。