主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
solo after
土曜日の楽団練習のことである。

先週、楽譜を見てソロパートがあることを知り、
アタフタして、舞い上がっていた。

今週は、さぞ練習して上手くなったと、
思われているかもしれないが、
実は、先週は楽譜を持って帰らなかったので、
ほとんど練習できていなかった。

練習に行く前に1時間ほど吹き慣らしをして、
息子2人と練習に出掛けた。


長男は、部活の延長なので放っておけばいい。
だが、次男はそーゆー訳にはいかない。

スネアドラムを倉庫から出してきて、
譜面台を立てて、貸してくれた教則本を開いて、
「トン、トン、トン、トン」と練習を始める。

楽団の世話人の方がメトロノームを持ってきて、
100のテンポに合わせてカチカチカチ。

「最初はそのままのリズム、次は半分のリズムで叩く」
「出来るようになったら、3連符で…」
「3連符って解かる?」

世話人さんの言葉に、次男は首を傾げる。
おいおい、大丈夫か、次男クン。

「とにかく練習してね」

そう言って世話人さんは去ってゆく。


僕も自分のことで目一杯なのだ。
さっさと音出しして、指の運動しなきゃ。

しばらくすると、次男が僕のところに来て質問する。

「“R”って、どっちの手?」

最初、僕はこの質問に「?」だった。

次男の練習している場所を見ると、
教則本が譜面台に載っていたのでピンと来た。

「“R”は右手。ちなみに“L”は左手。OK?」

すると次男は、

「うん、分かった」

と言って持ち場に帰って行った。

次男が真剣にやっているのが伝わってきて、
ちょっと嬉しかった。


合奏の前に全体で基礎練習。

基礎練習の教則本に沿ってやるのだが、
速さに付いていけない。
今更ながら、基本的なスキルのなさに愕然とする。

ゆっくりやれば出来るのだが、
譜読みが今一なのと、まだ運指を頭で考えているので、
早いテンポだと追い付かないのだ。

指揮者に「パーカスも叩いてね」と言われて、
次男も必死にスネアドラムを叩いている。

次男も頑張っている。僕も頑張らねば。


さて、合奏である。

他のところはとりあえずでも、
ソロだけは落ちないようにしようと必死だった。

ソロの最後でフェルマータがあり、
伸ばしがあるが、そこのテンポ合わせが難しい。

おまけに、指揮者はこっちを向いたままだ。
あー、緊張するぅー。

この曲はフルートが目立つアレンジで、
しかもセカンドはほとんど吹きっぱなし。
全休符があるのは、1小節だけだ。

でも、全体がゆったりした曲で、
16分音符の連なりや6連符は少ない。

少ないけど無い訳じゃないし、
この曲の場合、ファーストは連符が1回だが、
セカンドは繰り返し2回となっているので、
ちょっとつらい。


今週は楽譜を持ち帰ることが出来たので、
昨日の日曜日に、コンピュータに入力した。

早速、聴いてみる。
ふむふむ。…なるほど。
リズムがよーく解らなかったところが理解できた。

これをしないと、どうも落ち着かない。
楽譜の読めない僕にとってはありがたいのだ。

自分が演奏する部分を楽譜通りに鳴らしてくれるのは、
直接的で直感的で一発で頭に入るし、
楽譜を見ながらだと、より理解が深まる。

次回の練習までには、
曲を聴いてイメージトレーニングするから、
もうちょっとよくなるだろう。

…自分のことなのに他人事のようだなー。


長くなってしまいました。
読んでいただいて、ありがとうございます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/22 (火) 00:00:25 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/22 (火) 02:56:06 | | #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/04/22 (火) 08:49:58 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。