主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
給食
小学校で給食を食べる機会があった。

米食の献立が多く、パン食は週に1回程度だ。
器もプラスチックや金属ではなく、陶磁器になってきた。
自校で作る給食なので、食べごろ温度で出てくる。

メニューは、ビビンバ、わかめスープ、シュウマイであった。

今の子ども達は、食生活にいろいろと問題がある。
偏食や、それに伴って栄養のバランスが悪くなり、
そこから肥満になったり、生活習慣病を発症したり。

こんな状況で、子ども達が美味しく残さずに食べてくれる、
そんなメニューを考えるのは一苦労だろう。
特に野菜嫌いな子が多いからなぁ。

給食の味付けも微妙だろう。
レストランの料理やコンビニの食べ物は、
美味しさを強調するため濃い目の味になっている。
そんな味に慣れている子ども達に、
定量の調味料では薄く感じてしまうだろう。
さまざまな旨みでどうカバーしていくか。

栄養士さんはすごいですな。
こういったことを予算内で解決していくのだから。

食育が叫ばれて久しい。
子ども達の食生活だけ変えようと思っても無理だ。
大人達はもちろん、社会全体で考え直さなければ、
・・・と思うのだが、いかがだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。