主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピアノとフルートとギターの、
今日、息子とコンサートに行ってきた。

「中川昌三&石塚まみ コンサート with小畑和彦」

ピアノフルートギターのコンサートで、
3兄弟、集まれ~」の藤壺さんに
ご紹介いただいて、行って来ました。

いや~、楽しかったです。


フルートの中川さん、凄かったです。

間近でプロのフルート演奏を見たのは
初めてだったので、感動しました。

普段はお目にかかれない、
アルトフルートやバスフルート
演奏してくれて、それも感動しました。

東京芸大で教鞭を取っていた方なので、
普通の演奏はもちろん、常にフルートの可能性を
模索されているようで、いろんな奏法で
いろんな音色を聞かせていただいた。

恐ろしく長いロングトーンが曲中にあったり、
リードを使った奏法や、マイクで拾ったフルートの音を
オクターバーというエフェクターを使って、
1オクターブ低い音を出してハモらせたり、
ディレイというエフェクターを使って、
輪唱風の残響音を出したりと、
曲だけでなく、いろいろな面で楽しめました。

そうそう、ルパン3世の曲をずーっとやっているそうで、
五右衛門が登場してくる時の、尺八のような音、
あれは、実はフルートの音なんだそうです!
中川さんが、ステージで実演してくれました。
会場は「おぉーっ」と、どよめいていました。


ギターの小畑さん、良かったー。

曲を聴いているうちに、
知らない間に左手がネックを、
指がフレッドを抑える格好をしていて、
右手は、ピックを持ってかき鳴らしている、
エアギター状態の自分がいました。

今でも時々、ギターを弾くので、
音を聞けばどんな奏法をしているか、
分かるだけに勝手に手が動いてしまいました。


ピアノとボーカルのまみさん、声がキレイでした。

ピアノジャズ風で息子も感動していました。
「やっぱり、プロは違うな~」
そうつぶやいていました。


息子が感動したのは、やっぱりフルートの中川さん。
よほど感動したらしく、
「お父さん、CDを買って帰ろう」
なんて言い出すのだった。

帰りの車の中で、息子は饒舌だった。

「いやー、あのフルートは凄いよ」
「凄かったよねー、お父さん!」
「お父さんは、あそこまでは無理だね」
「だって、キャリアが違うよ、年数が違うもん」
「格が違うよ、格が!」

おいおい、息子よーっ!
何で、そこで僕を引き合いに出すんだ?!

…違ってて当然だろ、全く!


日常を離れて、気持ち良い時間と心地良い空間に
どっぷりと浸かってきました。

こーゆーのもいいなー。
息子よ、また行こうぜっ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
よかったですね~♪
コンサートの題名を見た時、
「ん?これ・・は・・どなた?」と思ってしまったわたしを
お許し下さいね。

ピアノとフルートとギターのコンサートでしたか。
馴染みがないもので、失礼しました。

息子さんと共通の趣味があって、
こういう風に会話が盛り上がって、素敵なことですね♪
お父さんを引き合いに出すのも、
お父さんが好きだからだと思いますけどv-411

こちらでも、8日に市の企画で、
ジャズコンサートが開かれるので、
家族で行ってこようと思っています。
子供達がもつか、少々心配ですが・・
またどうだったか、お知らせしますねv-268
2007/10/06 (土) 10:31:39 | URL | ぼお #-[ 編集]
よかったですね~♪(その2)
楽しんでいただけて、私も嬉しいですv-410
音楽に疎いので、専門用語にはついていけませんが、
ship-papaさんと息子さんが、とても感動されたのがよ~くわかりましたよv-410
親子で同じ趣味を楽しめるっていいことですねv-269
またお邪魔しま~すv-270
2007/10/06 (土) 14:21:39 | URL | 藤壺 #-[ 編集]
コメント、どうもです。
コメント、ありがとうございます。


>ぼおさん
息子は僕のことは「友達」感覚かもしれない、
と勝手に思っています。
本人には聞けませんし、聞かないですけど。

生で、目の前で楽器を演奏して奏でる音は、
テレビやラジオの音とは違った臨場感があります。
楽器から音が出ているんだという迫力があります。

是非体験なさって、それを味わってくださいませ。


>藤壺さん
声を掛けていただいて、
本当にありがとうございました。

音楽の専門用語ばっかりですみません。
感動したままを書きなぐったので、
やや難解な文章になってしまいました。
でも、感動が伝わったようで嬉しいです。

親子で、こんな状況になるとは思っていませんでした。
良い関係を構築できていることも、
それをブログで確認させていただけたことにも、
ちょっと感動しています。

ホント、ありがとうございました。


また、お寄りくださいませ。
2007/10/07 (日) 00:32:36 | URL | ship-papa #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。