主夫の、
日々、是精進。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Perfume漬け、再び
Perfume”の楽曲をかなり聴いた。

ワンルーム・ディスコ
Chocolate Disco
Dream Fighter
マカロニ
NIGHT FLIGHT
リニアモーターガール
エレクトロ ワールド
アキハバラブ
セラミックガール
ポリリズム
Baby cruising Love
コンピューターシティ
I still love U
Love the world
スィートドーナッツ
シークレット シークレット
ビタミンドロップ
OMAJINAI★ペロリ
Twinkle Snow Powdery Snow
モノクロームエフェクト
edge
ファンデーション
引力
彼氏募集中
Perfume [楽曲名]
Wonder2
Plastic Smile
SEVENTH HEAVEN
PerfectStar PerfectStyle
コンピュータードライビング
ジェニーはご機嫌ななめ
エレベーター

なお、これは楽曲の並びは鑑賞した順であって、
年代順とか収録曲順とかではないので、あしからず。

そんなこんなで、現在のところは32曲を鑑賞済み。

だけど、ビデオクリップの視聴数から言うと、
この数では収まっていない。

「マカロニ」のビデオクリップは、楽曲は同じだけど、
のっち、かしゆか、あ~ちゃんの3バージョンがある。

また、Youtubeは動画それぞれで音質が異なるので、
同じ楽曲であっても、違う動画を観たりする。
もちろん、同じ動画を何回も再生しているしね。

これだけ聴いたのだが、まだ未視聴の楽曲があるらしい。

wikiで検索して詳しくリストアップして、
比較検討した訳ではないので、未確認なんだけどね。

…う~む。
誰の為にこんなことをやっているのだろう?

自分も楽しくて面白いからやってるのだが、
主に長男にせがまれ、せつかれてやっているところも、
往々にしてあるねぇ。

長男はドップリだよ、全くぅ。

「テスト勉強もままならない」
Perfumeばっかり聴いちゃうんだ」

そんなことを呟きやがるんだ、うん。
困ったヤツだ。

勉強しないのには、少々困りモノではあるけれど、
高校生なんだからそれくらいは普通だよなぁ。

あ~ちゃんのアップが多いビデオクリップを中心に、
視聴しているようだし。

そーゆー長男の様子を見ていると、
「自分もそんな時期があったなぁ」と思い出したりする。

僕の時は、八神純子だったかなぁ。
コッキーポップを毎週見てましたから。
石川優子や下成佐登子も好きだったなぁ。

僕の昔話はともかく、Perfumeである。
4月にはニューシングルが発売されるという。

それも楽しみであるが、何とかそれまでに、
全楽曲の視聴を制覇したいものだ。

やっぱり「ウッチャン」状態ですかね?
スポンサーサイト
本番まで、あと半月
久しぶりに楽団練習のことを書こう。

趣味の音楽に関することは、
主夫の、-Villa-」で書いているが、
元々の本家は「主夫の、」のこちらである。

その証拠に「音楽」のカテゴリを見てもらうと、
楽団練習”なる記事があるのが証拠である。

主夫の、-Villa-」の方では、
楽団練習」はNo.62まで進んでいる。

今日の楽団練習でのトロンボーンのことは、
主夫の、-Villa-」の方で書いているので、
そちらの「楽団の練習・62(チューナ・マニア)」を
お読みいただきたい。

さて、今日の練習では先週サボった長男が、
楽団の練習に参加した。

だが、最初は合奏練習には参加せず、
ひたすら個人練習をしていたのだ。

長男は、ひたすら「アンブシュア」に悩んでおり、
「全然音が出ない」と嘆き散らしている状態なのだ。

楽団のマネージャーもこう呟いていた。
「音楽は気楽にやらなきゃ。音なんて出なくていいのよ」
「音楽は楽しくだよ。楽しくないと音楽じゃないんだよねぇ」

そのうち、先輩楽団員の方(ピッコロさんのこと)が、
長男を説得して合奏の場所に連れてきた。

長男は仕方なく席に付いたが、それでも釈然としない様子。

「俺も音出ないけど、やってんだからさ」と僕が言うと、
「お父さんは『初心者』だからね。レベルが違うんだよ!」と、
吐き捨てるような長男のセリフが。

それを聞いたユーフォさんが一言。
「お父さん、大変ですねぇ」

それに対して僕はこう答えるしかなかったね。
「えぇ、今、反抗期なんで…」

その横で、次男はニヤニヤと含み笑いをしている。
そんな様子を楽しんでいるのだ。

知らない間に上手にテューバを吹いて、
僕にアドバイスをしてくれる次男だった。
サンキュー、ソーマッチなのであった。

僕がフルートからトロンボーンにスイッチしたことで、
親子3人の関係が微妙に変化していることに、
今更ながらに気付いたpapaであった。

…むむ。
これで、3人でアンサンブルが出来るのだろうか?

…あ、僕がもっと精進しないとダメだけどね。
もっと練習しなきゃ。
800
今日、この記事で「通算800記事目」らしい。

パーマネントリンクだと、
http://shippapa.blog92.fc2.com/blog-entry-800.html
というURLになる。(「セルフリンク」ね)

おめでたいかどうかは、ちょっと微妙だね。

一応、3年と3週間が過ぎて、毎日記事を書いたとしたら、
記事数は1,115くらいにはなるはずだからだ。

もっとも、1年半前から4つのブログになって、
月に50ほどの記事を書いていることを考えると、
その数字を遥かに越えているかもしれないことは、
想像に難くないけれどね。

ま、今更あれこれと「かも」「しか」と言ってもねぇ。

同時に始めた「憂鬱」の方は、ほぼ半分の記事数だね。
今調べたら“450”だった。

あっちはねぇ、手間暇が掛かる記事だから。
今月なんかまだ「3つ」しか書いてないもの。

物語の素ネタと、それを展開出来る思考の余裕と、
それを実行に移す為の時間。
この3つが揃わないとダメだよねぇ~。

揃ってもダメダメな時があるし…。

主夫の、」や「主夫の、-Villa-」は、
“ディリー”だから、記事が書き易いのよ。

針の先のような些細な出来事を「大事件」に書くことは、
そんなに難しいことじゃない。

情景描写と心理描写を克明に、緻密に、詳細に書けば良い。
それはまるで「サスペンス劇場」のようにね。

もっと高度になると、文章的技巧を使うのだ。

途中の出来事を先に持ってきて、描写を進めて、
ふと主人公が、それを説明するかのごとく、
最初の発端を語り出すという手法。

結論を先に持ってきて、その後は淡々と説明する、
という手法も有りだし。

このような倒置/倒錯/逆転法や語り部手法、1人称手法など、
いろんな方法を駆使して書けば、書き手も楽しいし、
読み手はワクワクして読んでくれる(だろう)。

…あ、ネタばらし、しちゃったぞぉ!

…それはともかくとして、今月もなんとか、
まぁまぁのノルマ達成率になりそうで一安心。

やっぱり、最低でも「2日に1回、記事を書いている」という、
計算にしたいですから。

そーゆーことを気にする、小心者のpapaなんですよ、はい。
ホテル風
昨日の火曜特売で買った、600gの合挽きミンチ。
今日は惜しげも無くハンバーグに投入した。

今日もハンバーグの練りは次男にお任せした。

「今日はハンバーグのネタが多いねぇ」と次男がつぶやいた。
「いつもは450gだが、今日は600gだからな」と僕は答えた。

すると、次男は目を輝かせて、要望を僕に言った。
「今日は『ホテルハンバーグ』が出来るでしょ?」とニッコリ。
次男にとって『ホテルハンバーグ』とは、
分厚いハンバーグのことである。

いつもは「フライパンでも短時間で焼けるように」と、
極薄の平べったい、ワラジのようなハンバーグを作っているので、
洋食屋さんやホテルのレストランで出てくるような、
分厚いハンバーグが次男の憧れなのだ。

「分厚いと焼けないんだよ」と僕が言うと、
「弱火でジックリと焼けばいいじゃないの?」と次男が切り返した。

「中まで火が通る前に表面が黒こげになっちゃうよ」と答えてから、
種明かしを次男に話してあげた。

「フライパンで焼き目を付けてから、オーブンで焼くんだよ」と。
すると次男は「え、そうなの?」と驚いていた。

「じゃあ、今日は『ホテルハンバーグ』でやってみようか?」
そう提案すると、次男は嬉しそうにうなずいた。

「分厚い『ホテルハンバーグ』の成形は任せたよ」という、
僕の問い掛けに、次男はコックリとうなずく。

「その後、フライパンで焼き目を付けたら、
 200度のオーブンレンジで10分くらい焼けばOKだ」
次男はコックリ、コックリと嬉しそうにうなずいていた。

パン粉や玉ネギを入れた関係で、
800g程に量が増えたハンバーグのネタ。
それを8等分にして、1人2個ずつになった。
もう、焼く前からボリューム感タップリ。

それを次男の好みの厚さに成形して、
まずはフライパンで焼き目を付けてから、
その後、天板にハンバーグを並べて、
200度のオーブンレンジで10分焼いた。

今日は、出来上がりをご覧いただこう。
久しぶりに、忘れずに写真を撮りました。
まずは、ご覧あれ。

100224_hotelhamburge.jpg

左上から、玉ネギスライス入りのマッシュポテト、
その右が、ホウレン草とモヤシのバター炒め、
その下が『ホテルハンバーグ』である。
左下の茶碗には、残りご飯で作った卵だけのチャーハンである。
他にも炊き立ての白いご飯も出来上がっていた。

長男が、まず雄叫びを上げた。
「おぉ、ジューシーだぁ~!」
「このボリューム感が堪らんなぁ」

次男も分厚さに戸惑いを見せていたが、
アッサリと完食してしまいました。

女房はさすがにハンバーグを1個、残していました。

今日は、デミグラソースも目玉焼きも作らなかったが、
ハンバーグそのもので楽しめたようである。

今日は「美味しゅういただきました」というより、
「満腹になりました」って感じであった。
豆板醤抜き?
なぜだか解らないが、女房が買出しすると、
必ず豆腐を買ってくる。

何かの料理を作る訳でもなく、
なぜか買ってくるのである。

「何かに使えるでしょ」と女房は言うが、
女房自身が料理で使うことは稀である。

2丁買ってくる時と1丁だけ買ってくる時と様々なのだが、
2丁買った時は、必ず「豆腐の味噌汁」になる。

だが、使うのは1丁だけ。
いつも豆腐が1丁、残っているのである。

冬場は「湯豆腐」にして「ネギ鰹醤油」を作って、
食べたり出来るのだが、夏場の豆腐は足が速い。
いつもミンチを買い足して麻婆豆腐にするのだった。

今日も、そんなパターンで麻婆豆腐にしたのだった。
だが、重要なミスを犯してしまったのだ。

そう。

サブジェクトの通り、豆板醤を買い忘れたのだった。
今日は「火曜特売」だったのにも関わらず!

あぁ、失敗したなぁ。

作り始めてから気が付いたので、
今更買いに行くのも面倒臭いし、時間がない。
何と言っても、今日はピアノのレッスン日だから。

でも、そんなに悩まなかったね。
唐辛子があれば十分じゃない?」と思ったから。

唐辛子といえば「一味」である。
そして「ラー油」である。

果たして代わりになるかどうかは解らないが、
『辛味』の成分的には同じだろうと判断したのだ。

麻婆豆腐の作り方は、いつもの通りである。
ただいつもと違うのは、ミンチを炒めた後に、
豆板醤を入れるところで、一味を振ってラー油を入れたのだ。

一味ラー油の量が適切だったので、
いつもと同じ麻婆豆腐の味になった。

ある意味で「ミラクル」である。
女房なんかは、判らなかったと証言した。

でも「辛さに違いがあった」と僕は思っている。
一味ラー油豆板醤では「辛さの奥行」が、
微妙に違っていたように思う。

一味ラー油は「ストレート」である。
喉に来る辛さなのだ。

それに対して、豆板醤は口の中に広がる辛さなのだ。
まろやかだが全体で辛いのである。

やっぱり、代替品は代替品でしょうかね?

ま、でも、いつもの味に近くて、
美味しかったことには違いないので「良し」とするか。

今日は代替品でも美味しゅういただきました。


今度、ちゃんと豆板醤を買ってこよっと。
Perfume漬け
3日間のご無沙汰でした。
ちょっとノルマをロスしてしまいました。

なかなか忙しくて、なかなかブログが書けない。
時間があっても、心の「ゆとり」がないので、
考える余裕もなくなるし、書くモチベーションも下がる。

4年目に入って、何かを変革しないと。
少しだけそう思ったのであった。


今現在、我が家は“Perfume漬け”の状態である。

一番はまっているのが、長男。
それを増長しているのが、僕。
そのおこぼれを拾っているのが、次男。
そしてその姿を批判し叱っているのが、女房である。

そもそもの発端は、これである。

貧乏万歳」のまさっぷさんの、そのブログに、
以下のYouTubeが貼り付けられていたのだ。



この「直二⊿ツアー」のライブ感が、実にいいのだ。
特にヘッドフォンで聴くと堪らんのだ。

調子に乗って、youtubeで探しまくりの再生しまくりの、
視聴しまくりの、それの繰り返しである。

その様子は、まるで「内村光良」のようである。

日テレ系の番組『世界の果てまでイッテQ!』で、
ウッチャンが冬の富士登山をした時に、
番組レギュラーから登山と関係ない代物の差し入れが…。

DVDプレーヤーにPerfumeのDVD。
CDプレーヤーにPerfumeのCD。
Perfumeが入ったiPod。

挙句の果てにウッチャンは、
富士山の麓でポリリズムを踊っていた…。

…そんな様子の我が家である。

特に、長男のハマリ具合はスゴイよ。
四六時中、Perfumeを口ずさんでいるもの。

一番好きなのは“Dream Fighter”だという。
僕は“Foundation”が好きだけどね。

長男は、既にネットでPerfumeを調べ尽くして、
頭に入れてしまったようだ。
それくらい、勉強してくれるといいんだがねぇ…。

インディーズ時代の楽曲からテクノに変わる前の楽曲、
そしてテクノポップな楽曲と、全曲は知らないみたいだが、
おおよそ把握している様子だ。

もっとも、その楽曲を聞かせるのは僕の役目で、
既に29の楽曲は確認して聴いたのだった。

それでも、長男は「直二⊿ツアー」のDVDが欲しいらしい。

最初、長男は「3人のダンスがいいんだ」と言って、
「3人とも好きだ」と豪語していた。

Perfumeの楽曲の中で、「マカロニ」という曲があるのだが、
それには、Perfumeの3人、あ~ちゃんのっちかしゆか
それぞれのバージョンのPVがあるのだ。
曲は、どれを聴いても同じなんだけどね。

この3つの「マカロニ」で、長男が真剣に観ていたのは、
あ~ちゃんのバージョン」であった。
つまり、長男は「あ~ちゃん」が好きなのであった。
僕は「のっち、時々かしゆか」ですけどね。

「まったく、困ったもんだわ」と、
女房が呆れているのであった。
メガ焼きそば
今日は焼きそば

いつもならご飯と一緒に食べたりするのだが、
今日はご飯を炊かなかった。

というのも、焼きそばの麺が7玉もあったからだ。

4玉はスーパーで買ったのだが、
3玉は女房がもらってきたのだ。

キャベツも1玉使った。
1人分が1/4玉である。

あとは、彩り的に寂しかったので、
人参を入れて、モヤシとネギも入れた。

味付けは、スタンダードなソース味。
餡掛けは先日食べたので今日はオミット。

焼きそば麺は、とりあえず1人1玉。
他の3玉の配分は、長男と次男が1玉ずつ。
残りの1玉は、1/3が女房、2/3が僕という配分。
結構なボリュームである。

最後に、目玉焼きを載せて完成。

今回は撮影しました。
ご覧の通りです。

100217_yakisoba.jpg

メガ」な量感が掴みにくい写真ですな。
横からの写真だと、うず高い焼きそばが、
ご覧いただけたかもしれない。

唯一、目玉焼きの大きさで、
そのボリューム感が分かっていただけるかな?

横に置いたご飯は残り物の冷ご飯。

ご飯2杯分が余っていたので、
それは長男と次男の分に。

この写真は長男の分である。
最初は「大丈夫。この位は食べれるよ」と、
豪語していた長男だったが、
最後には「ふぅ」と溜息を吐いていた。
「ご飯1杯分が多かったぁ~」と呟いていた。

今日は腹いっぱいで、美味しゅうございました。
幽霊ピアノ…?
今日起こった恐怖の出来事をお伝えしよう。

今日は火曜日。
火曜特売で、ピアノのレッスン日。

今日の火曜特売は、メチャメチャ混んでいた。
いつも行く火曜特売スーパーが安売りをやっていたのだ。

夕方に買物をしたのだが、もう陳列棚には、
商品が数える程度しか残っていたなかったし、
店員さんが、これでもかと値札を付け直していた。

…あ、これは恐怖の出来事ではないよ。

火曜日は、ピアノのレッスンに行くので、
夕食はいつも手抜きを心掛けている。

いつもスーパーの惣菜である、
特売バイキングコロッケをおかずにするのだが、
今日は珍しく「カニクリームコロッケ」があった。
もう嬉しくてついつい多めに買ってしまった。

アボガドも程よく熟れていたし、
安かったので、久しぶりにトマトまで買ってしまった。

…あ、安くて怖かったって訳ではないよ、うん。

さて、今日の夕食は、コロッケの詰め合わせと、
レタスとトマトとアボガドのサラダ。

更に、モヤシとホウレン草と獅子唐とウインナーの、
焼肉のタレ炒めと、カップスープのポテトポタージュ。

まぁ、夕食の話はこれくらいで。

そんな夕食を長男と次男とで食べていたら、
突然、音がしたのだ!

それもピアノを弾く音が!

「ポロリン」と!!

実は次男や長男が夕食の直前まで、
ピアノの練習をしていたので、
ピアノの蓋は開いていたのだ。

だから、てっきり長男か次男が弾いたのかと思った。
だが、長男と次男は今、箸を持って夕食を食べてる。

あれ?
それじゃあ、誰が?

…ゾォ~~!

背中に冷たいモノがサーッと走り、
思わず3人で、顔を見合わせてしまったのだ。

恐る恐るピアノの方を見ると、なんと!

!!!

我が家のお嬢、の「ビチ」さんが鍵盤を弾いていたのだ!!

その姿は、まるで“トムとジェリー”のトムさんが、
ピアノの弾く姿そのままだったのだ。

鍵盤に前足を載せていたビチさんは、
「皆さん、どうしたんですか?」
という表情で、こちらを見ていた。

残念ながら、咄嗟のことだったので、
その姿を写真に収めることが出来なかった。

ホントに一瞬、恐怖の「幽霊ピアノ」かと思ったよぉ。

あぁ、ドキドキしちゃった。(はぁと)
餡掛けうどん
珍しいでしょ、掛けうどんなんて。

掛け焼きそばとか、中華丼なら普通のことだが、
うどん掛けという発想は無くはないと思うけど、
一般的ではないと思うのだが、どうだろうか?

実は、残り食材の結集メニューなのだ。

休日に、女房は「鍋」をやったのだ。
「ちゃんこ鍋の素」を使って。

だが、白菜やキノコが残ったし、
鍋のダシ汁も相当に残っていたのだ。

そして、女房が買い込んだ茹でうどんとか、
チクワとかが、冷蔵庫の中でひしめいていたのだ。

多少、人参や玉ネギなどの食材を足して、
まずは炒めてから、ダシ汁を流し込む。
めんつゆを加えて味を調えてから、トロミをつけた。

うどんは茹で麺だから、さっとお湯に通して、
良く水気を切って丼の中へ。

その上に、野菜タップリのをドロ~リと掛けて、
掛けうどん」の完成である。

結構なボリュームの掛けうどんになりましたよ。
ご飯も炊いたのだけど、余ってしまったくらいだから。

うどんを食べてしまった後、余った餡の中にご飯を入れて、
即席の餡掛け雑炊で食べたら、美味し過ぎてしまって、
もう「おなかがパッツン!」でした。

今日も美味しゅういただきました。


…あ。
お見せ出来ればよかったですねぇ。

写真を撮るのをスッカリ忘れました。
反省・・・。
コンバート
しばらくの間、音楽の話を書いていないが、
実は大変なことが起きていたのだ。

えぇ、そりゃ、もう、大事件!

親子3人で吹奏楽団に入っていることは、周知の事実である。
その中で、ちょっとした「大事件」が起こったのだ。

楽器のパート変更があったのだ。

主夫の、-Villa-」のブログをお読みの方は、
その経緯を既にご承知かもしれないが、
改めて、その概略をドキュメンタリーにお伝えしよう。

長男のトランペットは変更無し。
次男のテューバは相変わらず。
それじゃあ、誰なのか?

…は~ぃ、僕なんですぅ~。

今までは、フルートを吹いていたのであるが、
今日からは、トロンボーンに「コンバート」である。

え?
すぐにトロンボーンって吹けるのかって?

いえいえ。
そんな訳にはいきません。

次男がテューバにスイッチする前は、
トロンボーンを吹いていた。

なので、楽団から借りていたトロンボーンがあったから、
時々暇があると、僕がトロンボーン練習していたのだ。

半年、いや1年位かな?
地道な練習をコツコツと続けて…とは、いなかったけどね。

軽い気持ちで、楽団の指揮者さんに話したら、
「それじゃあ、そろそろデビューしては…?」などと、
勧められてしまったのだ。

そんな訳で、フルートからトロンボーンコンバートして、
最初の練習日が、今日だったのだ。

ある程度の練習をしたとはいえ、トロンボーンでの、
初めての合奏は、緊張で「嫌な汗」が流れ出たのだった。
それは、まるで楽団練習に初めて参加した時のようだった。

フルートにはフルートの流儀がある。
だから、トロンボーンにはトロンボーンの流儀がある。
同じ楽団練習だけど、違うのだ。

でも今日は、その流儀がおおよそだが掴めた。
さすがにフルートの時とはちょっと違うよ、うん。
だけど、やっぱり四苦八苦したのは確かである。

楽団の練習は、いつもの通りの初見演奏。
演奏会に向けて、最後の選曲である。

今まで、フルートは「ト音記号」の楽譜だったが、
トロンボーンは「ヘ音記号」の楽譜である。

ある程度、ヘ音記号の楽譜を読めるようにはしたのだが、
その音程が、すぐにトロンボーンのスライドポジションに
頭の中で置き変わらないので、楽曲の進行から遅れていく。
すると、音楽はどんどんと進んでしまう。

そんなだから、今は何処を演奏しているかが分からなくなる。

分からなくなって迷子になって、ジッと楽譜を見つめていた僕に、
今日は左横で演奏していた次男がコッソリと教えてくれた。
「今は『H』のところを演奏してるよ」って。

それに、1st-トロンボーンは長男の同級生なので、
親切にいろいろと教えてくれたし、分からないことを訊くと、
すぐに答えてくれて、ぃやあ、もう感謝の一言である。

若い奴らに手取り足取り、教えてもらった合奏練習であった。
実に、ありがたくて、嬉しかったですねぇ。
次男は、スッカリ先輩気取りだったことを記しておこう。

指揮者さんにも「音、聞こえてましたよ」って言ってもらえて、
良いのか悪いのかはともかく、ちょっと嬉しかった。

楽団のマネージャーからも以下のアドバイスをいただいた。
「間違えてもいいから『ガツン!』と吹いてくださいよ~」

上手く吹けないことを気にしていたけれど、
楽団の皆さんから激励され、応援されて、気持ちを入れ替えた。
そして、もっと練習しようと思ったのであった。

練習の内容はともかくとして「実に楽しい練習であった」と、
言い切れるほどに充実感で心が満たされたのだった。

さぁ、演奏会に向けてガンバロー!
copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。