fc2ブログ
主夫の、
日々、是精進。
上には上が
上には上がいる。

僕は改めてそう思った。
「1周年」と浮かれている場合ではなかった。
でも、それは決して卑屈になっている訳ではない。

いつもの通り、アクセス解析を見ていた。
その中に、FC2の検索サイトがあった。
そのリンク元を表示してみた。

誰が検索したかは分からないが、
検索したキーワードは残っている。
それは「主夫」であった。

主夫」をキーワードにしたサイトやブログ
ぞろぞろと表示されていた。

「へぇ、FC2でもこれだけのサイトがあるんだ」

そう思いながら、いくつかのサイトを見る。
その中で、近隣で主夫をしている方のブログがあった。

積極的で、活動的な主夫の方で、
男女共同参画審議会委員をしていて、
講演などもされているという。

学歴も凄いが、仕事のリタイアの仕方も凄い。
だから、仕事と生活とのバランスを模索しているという。

すごいなー。

僕も地元で男女共同参画関連でスピーチしたり、
パネラーでお話をしたことはある。
小冊子に文章を書いたこともあったなー。

でも、精々「お礼」程度だなー。
講演料はいくらいくらです」なんて言えない。


そりゃそうだ。

主夫について語ろうと思うと、
やっぱりいろいろと勉強しなきゃいけない。
僕なんか、のほほんと主夫してるからダメだね~。


こーゆー方向もあるのかなーとは思うし、
ある意味で「努力してもいいかな」とも思う。

でもねー、ちょっと釈然としないんだな。

僕自身が特別視されるのは仕方ないけど、
家族がそうだと、ツライかなーと思ったりする。
それは考えすぎなのかも知れないけれど。

それに、なんか媚びているような感じがして、
それも釈然としないことの1つだ。

子どものお母さん達は、僕の話を聞きたがる。
「男の人から見て、家事をどう思う?」とか、
「子育てはどう?」とか「料理はどう?」とか。

話せばキリが無いし、言わなくてもいいことまで
言いそうな気配を、自分自身に感じてしまう。


でも、共感できる部分もあった。

それは、こうした講演やディスカッションの場所に
出掛けて行って、多くの人と出会うことは、
何よりも「糧」になるのだ。

いろんな人が、いろんなことを考えて、
いろんな行動をする。
そんな人がたくさん集まるのだ。
面白くない訳が無い。

それは、僕も認めざるを得ない。


ブログも同じだ。

もっとたくさんの人と知り合えたらいいなー。
もっと「リンク」の部分を増やしたいな。

1周年にあたり、少しショッキングだったが、
新たな気持ちで2年目が始められた気がする。

これからもよろしくです。
それから、新しい出会いにもよろしくです。
スポンサーサイト



copyright © 2007-2011 ship-papa "主夫の、" all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.